ピッチング上達グッズ

毎日一人でキャッチボールの練習が出来る野球ギア「フィールディングトレーナーネット」紹介

更新日:

alphacreativa / Pixabay

野球が上達するには毎日の練習が大切です。

しかし、キャッチボールをする相手がいなくて練習が出来ないなんて事もあると思います。

 

土日は野球チームで練習があるが、平日は練習がなかったりすることはよくある事です。

土日だけの練習ではなかなか野球は上達しませんので、毎日の練習が大切です。

 

キャッチボールをする相手がいなくても、一人でキャッチボールができる野球ギアがあります。

ここではキャッチボールが一人でも出来る野球ギア「フィールディングトレーナーネット」を紹介したいと思います。

フィールディングトレーナーネットについて

一人でキャッチボールができる専用ネット

キャッチボールが一人で出来る、キャッチボール専用のネットです。

ボールを当てると跳ね返りが良く、自分の所まで戻ってきます。

 

使用しない時は折りたたむ事が出来るので、保管にスペースはほとんど取りません。

家の庭のスペースや近くの公園などで気軽に使用する事が出来ます。

 

守備練習も可能な万能ネット

普段キャッチボールを行う時は、上記画像の②を狙いますが、①を狙う事でフライになり、③を狙う事でゴロになります。

公園など広い場所に設置すればノックをしてもらう必要性もなく、一人で守備練習も可能です。

 

ピッチャーであれば、投球した後のバンド処理の練習など、肩を使いながら実践的な練習が出来ます。

平日など野球チームの練習が無い時は、「フィールディングトレーナーネット」を使用し練習するのがオススメです。

 

 

フィールディングトレーナーネットの用途について

  • 高さ:102㎝
  • 横幅:112㎝
  • 奥行:95㎝

サイドバーを曲げると折りたたみができ、壁へ立てかけたり物置小屋の狭いスペースに容易に収納する事が出来ます。

 

強い球を投げる場合、ネットが動かないように固定するべグが付いています。

地面に固定してから投球すれば強いボールを投げる事も可能です。

 

 

毎日キャッチボールをする重要性

肩関節は非常にデリケートな部分で、特にボールを投げる瞬間の感覚は毎日変わる程です。

土日だけ練習をして、平日の5日間は肩を使わないでおくと、久しぶりにキャッチボールした時に投げる感覚に違和感があります。

違和感があるだけではなく、野球の上達もしません。

 

ピッチャーが肩をケアする重要性 試合後投げ込み後に行う効果的なクールダウンとアフターケアを紹介

KeithJJ / Pixabay どんなに良いフォームで投げていても肩に負担はかかります。 試合後や練習で投げ込んだ後には必ず肩のケアが必要です。 軽くストレッチをして終了してしまうケースが良く見ら ...

 

平日の練習方法

野球が上達するのにオススメは平日の練習方法ですが、日曜日が試合や厳しい練習で肩を披露している場合は月曜日は休養が良いと思います。

肩を休ませる事も大切な練習だと思います。

 

月曜日は軽めに肩を慣らし、火曜日は少し強めに行います。

そして肩が慣れてきた水曜日は投げ込みを行うと良いと思います。

木曜日は少し軽めに練習を行い、金曜日は土日に備えて調整するのが良いと思います。

 

平日も練習する事で、ボールを投げる感覚を忘れずにいる事ができるし、投げ込みを行う事で野球上達にも繋がります。

さらに土日のチーム練習や試合に向けて調整する事も出来ます。

野球が上達するためには毎日のキャッチボールは欠かせない事なのです。

 

 

毎日一人でキャッチボールの練習まとめ

土日はチームでの練習がありますが、平日は練習が無くキャッチボールをしない事なんかはよくあると思います。

キャッチボールをしたいけど、相手がいないなんてことも良くあります。

そんなときは「フィールディングトレーナーネット」を使用する事で、毎日一人でキャッチボールをする事が出来ます。

キャッチーボール専用のネットで跳ね返りが良く、守備練習も行う事ができます。

 

毎日キャッチボールをすることは、野球上達の為には欠かせない事です。

平日はフィールディングネットで練習してみたはどうでしょうか。

➡野球肩のインナーマッスルの鍛え方 筋肉をトレーニングして野球上達と怪我、故障防止の効果

 



-ピッチング上達グッズ

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.