変化球習得

カットボールの投げ方 特徴や握り方、簡単に投球できるポイントとコツを紹介

更新日:

カットボールとはカットファストボールの略で、スライダーよりも曲がりは少ないですが、スピードを重視した変化球です。

メジャーでは『カッター』と呼ばれる事が多いです。

 

ストレートと同じぐらいのスピードでわずかに曲がるカットボールは打者を打ち取る有効な変化球です。

多少コースが甘くなっても芯を外す事ができるんで、ヒットになる可能性が低いです。

 

今回はカットボールについて紹介したいと思います。

カットボールについて

カットボールの特徴

カットボールはストレートと同じ軌道から、バッターの手元でわずかに変化する変化球です。

変化する幅はスライダーより小さいですが、球速はストレートとあまり変わらないのが特徴です。

 

バッターからしてみると、ストレートだと思って打ちに行くとわずかに変化するためバットの芯を外されます。

結果内野ゴロであったりと凡退してしまう可能性が高いのです。

 

カットボールのポイント

多くのカットボールを投げる投手が『カットボールは見逃されてはいけない』と言います。

それと『いかにストレートに見せるか』という事が重要なポイントになります。

 

見逃されてしまったり、バッターのかなり手前で変化してしまうとカットボールとして有効ではないという事です。

カットボールは空振りや三振を取る変化球というよりも、バッターを凡退させる事に使われるケースが多い変化球です。

 

ゲッツーを狙う時など投げる投手は多いと思います。

中には変化が鋭く、空振りや三振がとれるカットボールを投げる投手もいます。

カットボールの投げ方について

カットボールの握り方

カットボールの握り方は難しくありません。

ストレートと同じ握り方から人差し指と中指を少しずらせばカットボールを投げる事が出来ます。

 

ストレートの握りから人差し指を指1本分外側を握り、中指も同じように外側を握ればOKです。

人差し指の下に親指がくる感じです。

 

カットボールの練習方法

カットボールは打者の手元で少し曲がり、打ち取る事に使われる変化球です。

なので変化幅が大きかったり、曲がりが早かったりするとカットボールとして有効ではありません。

きっちりと変化すれば多少コースが甘くなったも打たれにくいのがカットボールの良い所です。

 

投げ方は握りがストレートと違うだけで、ストレートを投げるのと同じ感じで投げます。

自分では変化が分かりにくいので、受けてもらっているキャッチャーに変化を聞くなど協力してもらう事が大切です。

 

あとは実践で使用し、打者を打ち取る事が出来るかどうか試して見るのが良いと思います。

 

カットボールを有効に使う方法

カットボールは空振りや三振をとる変化球というよりも、打者を打ち取る事に使われる変化球です。

実践で投げるならばカウントを稼ぐために投げたりするのが良いと思います。

カットボールが決まり早いカウントで打者を打ち取る事が出来れば、投球数を抑えられるだけではなく、守備の時間が短くなり攻撃に良いリズムをもたらす事が出来ます。

 

また、ランナーがいる場面で内野ゴロを打たせたい時などにも有効です。

 

変化球の投げ方や握りが分かるオススメ書籍

変化球に関する書籍が販売されています。

オススメなものを紹介させて頂きますので、こちらも参考になると思います。

 

 

 

 

カットボールの投げ方まとめ

カットボールはスライダーより曲がりは少なく、ストレートと同じような球速でわずかに変化する変化球です。

 

そのためバッターはストレートだと思い打ちにきますが、わずかに変化するためバットの芯を外され凡退してしまいます。

基本的に空振りや三振を捕る為の変化球というよりは、カウントを稼いだり打ち取ったりする時に投げる変化球です。

 

カットボールを駆使すれば投球数を抑えられるだけではなく、守備の時間が短くなり攻撃に良いリズムをもたらす事が出来ます。

習得は難しくないとされているカットボールですので、是非試して見て欲しい変化球です。



-変化球習得

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.