変化球習得

チェンジアップは一番最初に覚えられる簡単な変化球 実践ですぐに使える様になる投げ方のコツ

更新日:

KeithJJ / Pixabay

野球のピッチャーが変化球を覚えようと思ったら、多くの人が最初に覚えようとする変化球はカーブだと思います。

しかし、実は一番最初に覚えて欲しい変化球は『チェンジアップ』なのです。

 

プロ野球選手の多くのピッチャーはチェンジアップを投げています。

投げる理由に『効果的な変化球』である事と、『簡単に投げれる変化球』であるからです。

 

ここでは実践ですぐに使えるようになるチェンジアップを投げるコツをお伝えします。

チェンジアップとは

チェンジアップの変化

ストレートよりもスピードが遅く、バッターの手前でゆっくりと沈んでいきます。

チェンジアップはバッターのタイミングを外すのに有効な変化球で、三振を取る事も出来る変化球です。

 

チェンジアップの投げ方

ストレートを投げるフォームとほぼ同じです。

腕の振りもストレートと同じに振ります。

 

その為、バッターはストレートだと思いタイミングを外され、打ち損じてしまうのです。

 

体への負担

ストレートと同じフォームで投げるため、体や腕にかかる負担が少ないです。

小学生でも体に負担をかけず投げる事が出来ます。

 

プロ野球選手で投げる人が多い

プロ野球選手でチェンジアップを投げる人は多くいます。

それだけチェンジアップという変化球が効果的で簡単に投げられる変化球だからです。

 

チェンジアップを簡単に投げる方法

チェンジアップの握り方

まずストレートの握り方ですが、人差し指と中指を使いボールを握ります。

チェンジアップはこの握りを中指と薬指に変えるだけです。

 

そして、力が出ないように中指と薬指の幅を空けます。幅の感覚は個人個人で違うので、試してみて自分に合った感覚が良いです。

人差し指と小指は添えるだけです。

 

チェンジアップのフォーム

ストレートを投げる時と同じフォームで投げます。

腕の振りも一緒で、あくまでボールの握りが違うだけです。

投げる感覚はストレートを投げているつもりになる事がポイントです。

 

早い人は数球投げただけで感覚を掴む事が出来ます。

投げ方がストレートと同じなだけに、実は覚えるのは意外に簡単なのです。

➡変化球の切れ味が増す投球フォームはコチラから

 

プロ野球チェンジアップの動画

 

変化球の投げ方や握りが分かるオススメ書籍

変化球に関する書籍が販売されています。

オススメなものを紹介させて頂きますので、こちらも参考になると思います。

 

 

 

 

チェンジアップを投げるコツのまとめ

一番最初に覚える変化球がチェンジアップという事について、2010年パリーグMVP投手だった和田毅投手は、

『チェンジアップは真っすぐと同じ腕の振りなので投げやすい。チェンジアップで抜く感覚を覚えてからカーブで抜く感覚が良くなったので、チェンジアップを最初に覚えるのは正しい事だと思う。』

と言っています。

 

ピッチャーが変化球を覚えようと思ったら多くの人がカーブから覚えると思います。

しかし、実はチェンジアップが一番簡単で効果的、しかも体への負担もほとんどなく投げられる事が出来るのです。

 

また、チェンジアップで覚えた変化球の感覚を、カーブやシュート、フォークボールにもその感覚を生かす事が出来ます。

チェンジアップは簡単な変化球なので、是非試して頂けたらと思います。

➡夏の甲子園でホームラン新記録を達成した中村奨成選手を空振り三振にしたスライダーの投げ方とコツ

➡打者のタイミングを外す正しいカーブを投げる方法 変化球の中でもカーブは一番難しい変化球!



-変化球習得

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.