変化球習得

野球ジャイロボールの軌道や特徴 握り方や投げ方伸びのあるストレートで球速アップ

更新日:

魔球と言われる『ジャイロボール』とはどんな球なのでしょうか。

一流のプロ野球投手でもほとんど投げれる人はおらず、難しいボールと言われています。

 

しかし野球の投球フォームの理想を追い求めるとジャイロボールを投げる事は可能なのです。

ジャイロボールについて色々な意見があり、その正体はまだまだ未知数です。

 

ここではジャイロボールについて紹介したいと思います。

ジャイロボールについて

ジャイロボールとは

ジャイロボールは独自の回転軸により初速と終速の差が少なく、伸びのあるストレートになります。

普通のストレートは上下回転していますが、ジャイロボールは回転時が進行方向と同じです。

通常のストレートの回転軸

ジャイロボールの回転軸

ジャイロボールの軌道

ジャイロボールの軌道の特徴は回転軸にあります。

この回転軸はピストルの弾丸などと同じです。

ピストルと言えばその弾丸は物凄いスピードで目標場所まで飛んで行きます。

 

空気抵抗が少なく、初速と終速の差はほとんどないため、まっすぐに目標まで飛んで行きます。

ジャイロボールも回転軸がピストルの弾丸と同じなので、初速と終速の差はほとんどなくキャッチャーミットに納まります。

 

ジャイロボール実践動画

ジャイロボールの投げ方

ジャイロボールの握り方について

ジャイロボールには『フォーシームジャイロ』『ツーシームジャイロ』がありますが、握り方はストレートと同じです。

ストレートと同じ握りであるのはジャイロボールの強みです。

 

大事なのは握り方ではなく、リリースポイントにあるのです。

 

ジャイロボールを投げる投球フォーム

足から腰にかけてのスピンと、腕の振りのスピンが起こすダブルスピンによりジャイロボールを投げられます。

まず最初のスピンである足から腰にかけてのスピンが無ければ第2のスピンである腕の振りへのスピンはかかりません。

 

この身体のスピンが最終的に腕のスピンへ繋がることがダブルスピン投法なのです。

下半身から作り出されるひねる動作により上半身が連動し、腕のスピンへのダブルスピンが生まれるのです。

 

ジャイロボールの練習方法

ジャイロボールは独特な回転をしているので、回転が分かりやすくなるようにペイントされているボールを使用するのが一般的です。


ボールにペイントされている事により、ジャイロ回転が分かりやすくなっています。

ジャイロ回転になった場合は、ペイントされている色の部分しか見えないボー回転がかかります。

 

さらにジャイロスティックというアイテムを使用する練習方法もあります。

シャドーピッチングをするときにタオルなどを使用している人が多いと思いますが、ジャイロスティックを使用すると正しい腕の振りができているかどうか分かります。

 

ジャイロスティックは正しい腕の振りが出来ていると『ピッ!』と音が鳴ります。

音が鳴らない場合は正しい腕の振りが出来ていないとい事です。

ジャイロボールを投げるにはこの正しい腕の振りは必須になります。

 

変化球の投げ方や握りが分かるオススメ書籍

変化球に関する書籍が販売されています。

オススメなものを紹介させて頂きますので、こちらも参考になると思います。

 

 

 

 

ジャイロボールのまとめ

ジャイロボールには独特な回転軸があり、その回転軸が生み出す効果は初速と終速がほとんど変わらないというメリットがあります。

通常のストレートは上下回転しながら進行方向に進みますが、ジャイロボールは進行方向に回転軸があります。

 

この回転軸はピストルの弾丸と同じ軌道なのです。

空気抵抗をほとんど受けないので、ボールは落下しにくく伸びのあるストレートになります。

繊細なバランスと精度にて威力を発揮するジャイロボール。

 

ジャイロボールを投げる事は簡単ではなく、理想的はフォームと理想的なリリースポイントが必要になります。

練習する時に専用のペイントボールやジャイロスティックを使用のが良いと思います。



-変化球習得

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.