バッティング上達グッズ

変化球打ちの練習が簡単に出来る『インパクトベースボール』打撃上達用品の野球ギア

更新日:

バッティング練習で変化球を打つ練習をするのは、なかなか難しいところがあります。

バッティングセンターなどにいくとカーブのゲージがあったりしますが、シュート系やフォーク系の変化球を打つ練習ができる場所はほとんどありません。

 

最近の投手は変化球の割合が増えてきており、変化球も手元でわずかに変化するツーシームやカットボールが流行っています。

そのため、スッと曲がる変化球打ちの練習をしていないと、試合で凡打が多くなってしまいます。

 

バッティング練習で速い球を打つ練習は大切ですが、変化球を打つ練習も大切です。

そんな時簡単に変化球打ちの練習が出来るのが『インパクトベースボール』です。

 

ここではインパクトベースボールについて紹介したいと思います。

インパクトベースボールについて

インパクトベースボールとは

インパクトベースボールは、SKLZブランドのトレーニング用ボールです。

ポップバックテクノロジーにより、変形しにくくなっていて、何千回打ち込んだ後でも、普通の練習用ボールのようにひびが入ることがありません。

 

従来の練習用ボールと比べると、使用感が向上しています。

コンタクトに対して即座にフィードバックがある設計になっているので、打者がスイングを調整して重要なボールの芯を見つける際の助けとなります。

ボールには複数の穴が空いているので、空気抵抗を受けやすく変化しやすくなっています

 

インパクトベースボールでの練習方法

トスバッティングで使用

トスバッティングの時に使用する練習方法があります。

もちろんロングティーでも問題ありません。

 

ボールに複数穴が空いているので、しっかりとボールを捉えないと飛距離がでません。

打つ瞬間の捉えるポイントの練習になると思います。

 

耐久性が高いボールなので、他の練習用ボールと比べてもすぐに壊れたりはしません。

特に室内での練習などには良いのではと思います。

 

変化球打ちの練習

ボールに複数の穴が空いているので、空気抵抗により変化しやすくなっています。

ある程度の距離でピッチャーがバッターに投げると、より実践的な変化球になります。

 

特にツーシーム系、スライダー系、シュート系と手元で小さく曲がる変化球打ちの練習には適していると思います。

ピッチャーも変化球を投げようとしなくても、勝手に変化するので誰が投げても練習になると思います。

その変化はより実践に近い変化です。

バッターはしっかりと引き付けて打たないとボールを捉える事が出来ないので、良い練習になると思います。

 

インパクトベースボール購入方法

インパクトベースボールは通販で購入する事が出来ます。

価格は12個入りで約3,000程になります。

 

インパクトベースボールまとめ

インパクトベースボールは、SKLZブランドのトレーニング用ボールです。

他の練習用ボールと比較すると、耐久性が強いので何千回と打っても変形しにくくなっています。

 

また、ボールには複数の穴が空いてるので、変化しやすくなっています。

そのため、変化球打ちの練習になります。

バッティング練習では速い球は打つことがありますが、変化球を打つ練習は余りありません。

また、変化球をマシンで打ったとしても、実践的な変化球とは言いにくいです。

 

インパクトベースボールであれば、ツーシーム系、スライダー系、シュート系など多くの投手が投げてきている手元でスッと曲がる変化球の練習が出来ます。

価格も12個入りが3,000円程で購入できるので、試して見るのも良いと思います。

 

ボールを遠くへ飛ばす「スピンティー」野球で長距離打者を目指すなら打撃練習はコレでするべき!

ホームランを打つことは野球における大きな魅力の1つです。 その為にスイングスピードやパワーを付けようと練習をしていると思います。 バッティングの練習の1つに「ティーバッティング」があります。 従来なら ...

 



-バッティング上達グッズ

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.