おすすめグローブ関連

捕手(キャッチャー)のグローブでオススメのメーカーはどこ?メリット・デメリット比較

更新日:

グローブを購入しようとスポーツ店に行った時に、グローブを選ぶか迷う人は多いと思います。

特にキャッチャーミットを購入しようと思った時は、どこのメーカーが良いのか悩みます。

 

キャッチャーミットは特殊なグローブなので、どういった物が良いのか他のグローブと比べると判断が難しいと思います。

ここではキャッチャーミットの特徴や選ぶ時のポイント、オススメメーカーについて紹介したいと思います。

キャッチャーミットの特徴

キャッチャーミットは他のグローブと比べると、捕球面が広く親指部分と小指部分が分厚くなっています。

ピッチャーの投げる投球を捕る事をメインとしたグローブで、キャッチングをしやすく作られています。

親指部分と小指部分が分厚くなっているのは、突き指を防ぐためです。

 

キャッチャーミットにも指カバーが付いている物が多くあります。

プロ野球選手でも多くの選手が指を出しているので、出した方がキャッチングがしやすくなると思います。

 

キャッチャーミットを選ぶ時の注意点やポイント

手の大きさに合わせて選ぶ

手の大きさは人によって異なります。

キャッチャーミットを購入しようとしたときに、手のサイズを知っておく事は重要な事です。

 

特に小さなお子様に購入する場合は大切になります。

グローブが大きすぎたり小さすぎたりすると、本来のパフォーマンスを発揮出来なくなってしまいます。

 

手の平のサイズは身長に比例してくるので、体の大きさに合わせてグローブのサイズを決めると良いと思います。

 

グローブのサイズ

Sサイズ

身長120㎝~135㎝(小学1年~3年)

 

Mサイズ

身長135㎝~145㎝(小学2年~4年)

 

Lサイズ

身長145㎝~155㎝(小学4年~6年)

 

LLサイズ

身長155㎝以上(小学5年~6年)

 

あくまでも参考ですが、おおよその目安にはなると思います。

 

ヒールスタイルの違いについて

Aパット、Bパットといった感じで、ヒール部の形状が変わってきます。

ヒール部の形状の違いは、捕球時の手の握り方の違いになります。

 

ボールをキャッチするとき、ミットでボールを挟む様にキャッチする人ボールを握るようにキャッチする人がいます。

挟むようにキャッチする人はAパッド、握る様にキャッチする人はBパッドが使いやすいと思います。

 

キャッチャーミットの皮の厚さ

皮が厚いほうが耐衝撃性に優れていて、捕球する時の痛みは少なくなります。

しかし、他のグローブと比較するとキャッチャーミットは全体体積が多きいため、少しの皮の厚さの差は全体の重さを重くしてしまいます。

ミット自体が重くなってしまうので、扱いにくくなってしまう可能性があります。

 

また、皮が十分に柔らかくなるまでは、ボールは跳ねやすくキャッチングしにくい状態になります。

 

捕球面の大きさについて

捕球面を大きくすれば捕逸は少なくなりそうな気もします。

しかし、ミット自体の重量も増してしまい、ハンドリングも難しくなります。

自身の筋力や握力と相談して判断すると良いと思います。

 

ちなみに元ヤクルトスワローズの古田敦也さんは、ハンドリングを重視したいという事で、少し小さめのミット使用していたと言う事です。

 

グローブは手入れが重要

いくら良いグローブを購入しても、手入れをしなかったら使いにくくなってしまい、グローブも傷みやすく寿命も短くなってしまいます。

グローブは野球をする上で大切なパートナーです。

 

阪神タイガースやメジャーリーグ、日本ハムで活躍していた新庄剛志選手は17年間同じグローブを使用していました。

どれだけ日々のメンテナンスを行い、グローブを大切にしていたか分かると思います。

 

グローブを柔らかくするには?

新品のグローブは革が固く、扱いにくい状況になっています。

ですので、早く柔らかくし手に馴染ませ扱いやすくしたい所です。

もちろんすぐには柔らかくならないので、毎日使用してじっくりと型を作っていきましょう。

 

グローブを柔らかくするのに必要な物

  • ボール
  • グローブ専用オイル
  • 柔らかい布

になります。

 

グローブ専用オイルを布にとり、薄く伸ばしながら塗っていきます。

型を作る為にボールを使用して捕球を繰り返します。

何度も繰り返す事によりグローブが柔らかくなり、理想的な型が出来上がってきます。

 

またボールにもオイルが付いてしまうので、ボールも手入れ専用のボールを用意するのがオススメです。

 

使用後のメンテナンス方法や正しいグローブの保管方法についてはコチラをどうぞ。

➡正しい野球グローブの手入れ方法 新品を柔らかく、使用後のメンテナンス、濡れた時の対処の仕方、保管方法など紹介

 

日々行いたい手入れ・メンテナンス

グローブを購入したら毎日やりたいメンテナンスがあります。

それは手で揉んだり曲げたりする事です。

 

捕球面や小指の根本なども入念に行うと良いと思います。

一気に折り曲げたり、強く揉みすぎてしまうと傷んでしまう場合があるので、最初は細かく折ったり優しく揉むのが良いと思います。

 

理想的なグローブの形をイメージしながら行う事が大切です。

グローブのメンテナンスには色々な道具があります。

 

メンテナンスに欠かせない用品の詳細はコチラからどうぞ。

➡野球グローブ手入れ道具のおすすめ紹介 メンテナンスには欠かせない必須野球用品グッズ一覧

 

捕手のグローブ(キャッチャーミット)にオススメなメーカーランキング

ハタケヤマ キャッチャーミット

2017年パ・リーグの捕手でゴールデングラブ賞を受賞した甲斐拓也選手が愛用しているメーカーです。

「攻め」をコンセプトにしたハタケヤマの「V」シリーズです。

危機に直面した時の勇敢さの意味を持つ「Valorous」のVが語源となっています。

 

プレイヤーのモチベーションを高める鮮烈なVオレンジ、 闘志を秘めたVブラックの2色のカラーがあります。

使用している素材は、表革:スペシャルジャパンハイド、裏革:和牛革になります。

 

ハタケヤマの硬式用ミットの詳細はコチラからも確認できます。

➡ハタケヤマ 硬式キャッチャーミット 捕手用

 

ハタケヤマの軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡ハタケヤマ 軟式キャッチャーミット 捕手用

 

ハタケヤマの少年軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡軟式 キャッチャーミット 少年用【ハタケヤマ】

 

スラッガー キャッチャーミット

横型の形のミットで、標準的なポケットの仕様で使いやすいスラッガーのミットです。

素材はステアハイド(天然皮革)を使用しています。

 

背面のはみ出しを小指側に逃す事によりミットの開閉をスムーズにしているEG機能が搭載されています。

 

スラッガーの硬式用ミットの詳細はコチラからも確認できます。

➡【久保田スラッガー】 硬式キャッチャーミット

 

スラッガーの軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡久保田スラッガー 一般軟式キャッチャーミット 捕手用

 

スラッガーの少年軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡久保田スラッガー 少年軟式キャッチャーミット 捕手用

 

ZETT(ゼット)キャッチャーミット

ゴールデングラブ賞を受賞した巨人のキャッチャー小林誠司選手が愛用しているメーカーです。

使用している素材は、表革:天然皮革製(国産牛レザー)で、平裏:天然皮革製(国産牛レザー)になります。

 

国産牛レザー使用で捕球面の張りをキープし、親指・小指の芯材を15%厚くし捕球時の安定感をアップしています。

プロステイタス20年間のノウハウを結集した最高級モデルです。

 

ZETTの硬式用ミットの詳細はコチラからも確認できます。

➡ゼット 硬式キャッチャーミット 捕手用

 

ZETTの軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡ZETT(ゼット) 一般軟式キャッチャーミット 捕手用

 

ZETTの少年軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡ゼット 少年軟式キャッチャーミット捕手用

 

ミズノ キャッチャーミット

人気メーカーミズノのキャッチャーミットです。

中央にやや深めのポケットを設定できるタイプになっています。

ライナーバック採用により全体的なフィット感を追求したモデルです。

 

使用している素材は、ジマニティレザーエル(天然皮革:牛革)になります。

 

ミズノの硬式用ミットの詳細はコチラからも確認できます。

➡ミズノプロ 硬式キャッチャーミット 捕手用

 

ミズノの軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡ミズノプロ軟式キャッチャーミット  捕手用

 

ミズノの少年軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡ミズノ 少年軟式キャッチャーミット 捕手用

 

SSK(エスエスケイ)キャッチャーミット


耐久性にすぐれた素材を使用しているSSKのキャッチャーミットです。

使用している素材は、天然皮革製(ナチュラルレザーWV)になります。

 

長く使用でき、確実な捕球をサポートしてくれます。

 

SSKの硬式用ミットの詳細はコチラからも確認できます。

➡SSK 硬式キャッチャーミット 捕手用

 

SSKの軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡SSK 軟式キャッチャーミット 捕手用

 

SSKの少年軟式用ミットの詳細はコチラからどうぞ。

➡SSK 少年軟式 キャッチャーミット  捕手用

 

捕手(キャッチャー)のグローブでオススメのメーカーまとめ

キャッチャーミットにオススメなメーカーを紹介させて頂きました。

 

今回紹介させて頂いたオススメなメーカーは

  • ハタケヤマ
  • スラッガー
  • ZETT
  • ミズノ
  • SSK

になります。

 

キャッチャーミットを選ぶ時のポイントは

  • 手の大きさに合わせて選ぶ
  • ヒールスタイルの違い
  • キャッチャーミットの皮の厚さ
  • 捕球面の大きさ

になります。

 

そして最後に大切になるのがグローブのメンテナンスです。

どんなに良いグローブを購入しても、メンテナンスをしっかりと行わないと型崩れしてしまうし、寿命も短くなってしまいます。

自分のスタイルに合ったグローブを選び、少しでも長い期間使用できるように心がけましょう。

 

ゴールデングラブ賞を受賞したプロ野球選手の使用メーカーを調べてみました。

よければこちらも参考にしてみてください。

野球グローブの人気メーカーランキングベスト5 硬式オススメはどこ?プロ選手が愛用するメーカーも紹介

野球をするとなると必ず必要になるのがグローブです。 グローブを買う時に色や形と同じくらい気になるのが「メーカー」です。 自分はスラッガーを愛用していましたが、今では使用している人が少なくなってきている ...



-おすすめグローブ関連

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.