コントロールを磨く

簡単に理解できるコントロールの重要性と誰にでもできる制球力を磨く練習方法について

更新日:

ものすごく球が速い投手、しかしコントロールが悪くフォアボールばかり。

ストライクゾーンに入る球はほぼ真ん中よりに入ってしまう為、球速は速くても打たれてしまう。

こういった投手は数多くいます。

 

もちろん投手として球が速い事は大切な要素の一つですが、コントロールが良い事も重要な要素の一つなのです。

ここではコントロールの重要性と安定させるフォームのポイントについて解説していきます。

何故コントロールが悪いといけないのか

玉数が増えスタミナの消耗が多い

コントロールが悪い投手はどうしてもボール球の数が多くなります。

その為、コントロールの良い投手と比べると玉数が増え、スタミナの消耗が多くなります。

 

そればかりでなく、フォアボールやデッドボールも増え試合展開や流れを悪くし、チームを負けさせてしまう事だってあります。

コントロールが悪いという事のメリットは何もないのです。

 

野手のリズムを崩し攻撃にも悪影響になる

ボール玉が多くなると守っている時間がどうしても長くなります。

その為、野手は集中力が欠けてきてしまい、攻撃に良いリズムで徹する事が出来なくなってしまうのです。

 

また、キャッチャーからしてもリードがしずらく、低めで内野ゴロに打ち取りたいという時も思ったように打者を打ち取る事ができません。

守備についている時間は短く、攻撃の時間は長い方が良い試合展開になり、よりリズムで試合を進める事が出来ます。

 

打者が有利な展開になる

コントロールが悪いとボール玉が先行し、2ボール0ストライク、3ボール1ストライク等打者が狙い球を絞りやすい有利なカウントになる事が多いです。

 

また、ランナーがいる場合などはヒットエンドランなどのサインが出しやすく、相手の攻撃が有利になってしまいます。

それだけで試合の勝敗にも影響を及ぼしてしまう事となります。

 

コントロールを磨く練習方法

下半身を鍛える

まず投手の基本である下半身を鍛える事です。

投球フォームを支えているのは下半身だからです。

 

投球モーションに入ってからフラフラしてしまうようでは安定したコントロールなんて身に付きません。

下半身が上手に使えるとコントロールだけではなく、球速アップにも繋がります。

 

下半身を鍛えるトレーニングは何と言っても走り込みです。

長距離を走るのも、短距離ダッシュをするのも有効な練習方法です。

投球モーションでは瞬発力を必要とされるので、短距離ダッシュに力を入れて練習するのがオススメです。

 

投球フォームを固める

コントロールの悪い投手に見られがちなのが投球フォームがバラバラな事です。

投手というポジションは非常にデリケートなポジションです。

その日の体調や指先の感覚、体の感覚が微妙に投球フォームに影響し、コントロールを左右します。

わずかな感覚の差でコントロールに影響を及ぼしてしまうので、投球フォームを固める事は非常に重要な事です。

 

投球フォームを固める練習方法で有効的なのがシャドーピッチングです。

シャドーピッチングと言えばタオルを使用して行う練習方法でしたが、今はタオルよりこちらのジャイロスティックを使用した練習がオススメです。

 

正しい腕の振り方をすると、腕を振ったときに『ピッ!』と音が鳴ります。

音がならない場合は正しい腕の振り方が出来ていない事になります。

 

ジャイロスティック使用方法の動画

このジャイロスティックを持ってシャドーピッチングをすると正しい腕の使い方を身に付けながら、フォームを固める事が出来ます。

 

コースに投げ分ける練習をする

どんなに球が速くてもストライクゾーンの甘い所に来たボールは打たれてしまいやすいです。

なので、投球練習ではアウトコース、インコースに投げ分ける練習を徹底的に行う事です。

 

これが出来れば『ストライクを投げる』という感覚から『打者が打てない所に投げる』という感覚になります。

精度が上がれば打者にボール玉を振らせる事だった出来るようになります。

各コースにきっちりと投げ分けられるようになればピッチングは劇的に安定します。

 

コントロールの重要性と練習方法のまとめ

コントロールが悪いというのはそれだけでマイナス要素しかありません。

球がいくら速くてもコントロールが悪かったら投手として使えないのです。

 

逆にコントロールが抜群であれば球速がそれほどなくても通用してしまうのです。

プロ野球の選手にもそういった投手は数多くいます。

 

また、コントロールを良くする練習は地味な練習ばかりです。

明日いきなりコントロールが良くなったりするわけでなないので、長い目で見て練習する必要があります。

球速があり、コントロールも良い。さらに切れ味鋭い変化球があれば最高の投手になれるはずです。

➡2週間で球速・飛距離アップ!野球上達の方法はコチラ

 



-コントロールを磨く

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.