おすすめバット関連

中学生用の硬式金属バット人気おすすめランキング 選ぶ時のポイントや注意点、評判の良いメーカーは?

更新日:

中学生の時は、学校の部活などの軟式野球をやる人が多いと思いますが、シニアリーグなどで硬式野球をする人もいます。

その場合必要になるのが硬式用のバットです。

軟式用のバットで硬式ボールを打つことは出来ないので、中学生が使用できる硬式バットが必要になります。

 

多くの人は硬式バットを使用するのは高校生からになります。

中学生から硬式バットを使用するとなると、バットの重さや長さがどのくらいの物が良いのか難しくなります。

 

ここでは中学用の硬式バットについて紹介したいと思います。

中学で使用する硬式バットの選び方

野球のバットには軟式用と硬式用があります。

中学で硬式野球をするのであれば、硬式用のバットを選ぶ必要があります。

 

バットで使われている素材は、「アルミ合金」「超々ジェラルミン」が主流になります。

アルミ合金は比較的軽いので、パワーの無い選手にオススメです。

しかし、柔らかい金属なので飛距離が出にくくなってしまいます。

 

超々ジェラルミンは硬い素材なので、バットが重くなります。

しかし、飛距離が出しやすいというメリットがあります。

 

中学生で硬式バットを使用するとなると、軟式バットと比べると重たいので、振りぬくのが大変になります。

パワーが無かったり体が小さかったりする場合は、できるだけ軽いバット、短いバットを選ぶのが良いと思います。

 

また、バットには3つの重心があります。

重心の位置によりバッターのタイプや、振った時の重さが変わってきます。

それではそれぞれの重心について紹介したいと思います。

 

バットの重心の位置について

同じバットの重量でも、重心の位置によって振った時の重さが変わってきます。

バットの重さだけではなく、重心の位置もバット選びの大切なポイントになります。

 

バットの重心の位置は3種類あり、

  • トップバランス
  • カウンターバランス
  • ミドルバランス

になります。

 

それぞれの特徴や違いについて詳しく見ていきましょう。

 

トップバランスのバット

重心の位置ばバットの先端にあるのがトップバランスになります。

バットの先端に重心があるので、遠心力が効きやすく飛距離が出やすくなります。

 

一般的にトップバランスのバットは長距離打者タイプと言われています。

重量よりもバットが重たく感じるので、バットを振りぬけない場合はトップバランスはオススメできませんが、振り切れるのであればトップバランスが良いかも知れません。

 

また体が小さかったりパワーが無くても、バットの遠心力を使用するバッティングフォームをしている場合は、トップバランスが良いかも知れません。

必ずしもパワーがあり、長距離打者が使用する訳ではありません。

 

自分のバッティングフォームやタイプに合わせて選ぶと良いと思います。

 

カウンターバランスのバット

重心の位置がバットのグリップ側にあるのが、カウンターバランスになります。

バットが軽く感じるので、振りぬきやすくミートしやすいのが特徴です。

 

しかし、遠心力が効きにくいので飛距離を出すのは難しくなります。

そのため、カウンターバランスのバットは短距離打者が好んで使います。

 

中学で硬式バットを使用するとなるとバットが重たく感じ、自分のスイングが出来なくなってしまいがちです。

そういう場合は、このカウンターバランスを選ぶと良いと思います。

 

ミドルバランスのバット

トップバランスとカウンターバランスの間に重心があるのが、ミドルバランスになります。

 

バットコントロールもしやすく、飛距離もそこそこ出せると言う事で中距離タイプの打者が好んで使います。

重心の位置が真ん中にあるので、トップバランスかカウンターバランスか迷う様であれば、ミドルバランスにしておくのが無難かも知れません。

 

バットの重心の特徴まとめ

トップバランス
  • 重心はバットの先端
  • 飛距離が出しやすい
  • 長距離打者タイプ
  • バットが重量よりも重く感じる

 

カウンターバランス
  • 重心はバットのグリップ側
  • 短距離打者タイプでミートしやすい
  • バットが重量よりも軽く感じる
  • 飛距離が出しにくい

 

ミドルバランス
  • 重心はトップバンラスとカウンターバランスの間
  • 中距離打者タイプ
  • どの重心を選んだら良いか分からない場合に無難

 

中学硬式金属バットおすすめランキング

それでは中学生で使用する人気硬式バットを紹介したいと思います。

 

中学生で硬式バットを使用するとなると、バットが重たく感じやすいです。

バットの長さや重さ、重心の位置などに注意してバットを選ぶと良いと思います。

 

自分のスイングにバットが合っていないとパフォーマンスを低下させてしまいます。

自分のスイングやスタイルに合ったバットを選びましょう。

 

ミズノ中学硬式用バット 金属製 グローバルエリート Jコング

ミドルバランスタイプのミズノのバットになります。

ミズノのバットは硬式バットの中でも1番人気と言えると思います。

 

バットの長さ、重量は82㎝/770gになります。

 

ミズノ中学硬式用バット 金属製 グローバルエリート Jコングの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡【ミズノ】 中学硬式用バット 金属製 グローバルエリート Jコング L1

 

中学硬式バット 金属製 Proedge プロエッジ コンドルJH SSK/エスエスケイ

素材は超々ジュラルミンを使用しているSSKのバットになります。

新素材「HD88」×ニューコンドルヘッドでさらなる弾きを実現しています。

 

長さや重量は、82㎝/820g、83㎝/830gになります。

 

SSK/エスエスケイのバットの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡中学硬式バット 金属製 Proedge プロエッジ コンドルJH SSK/エスエスケイ

 

中学硬式バット 金属製 ディマリニ DeMARINI ヴァーサス ウィルソン

日米共同開発で作られた中学硬式用のバットです。

キャップの凹みで振り抜きやすさをもたらし、硬質な素材がインパクト時の力の分散を抑えることで、ボールに最大限のパワーを伝えることができます。

 

TTテクノロジーにより従来より最薄部の幅を拡大しています。

それによりたわみ量が増し、広いスウィートスポットと高反発を実現しています。

 

金属製 ディマリニ ウィルソンの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡中学硬式バット 金属製 ディマリニ DeMARINI ヴァーサス ミドルバランス ウィルソン

 

ゼット 中学硬式金属バット ビッグバンショット

柔らかい打球感と反発力を兼ね備えたゼットの中学生用硬式バットです。

専用素材「ZN730」を使用したモデルで、バットとボールの接触時間が長く、柔らかい打球感で最後に硬く弾く感じがたまらない、高打球感が特徴です。

 

ミドルヒッタータイプのバットで、長さは82㎝、重さは770gになります。

 

ゼット 中学硬式金属バット ビッグバンショットの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡中学硬式金属バット ビッグバンショット ミドルバランス

 

ルイスビルスラッガー 中学硬式用金属バット

ツーピース構造によりミスヒット時の痺れが軽減されたルイスビルスラッガーのバットです。

本体の軽量化と軽量コンポジットキャップ(SBCキャップ)の採用により操作性がアップされました。

 

バットの重さや長さは

  • 82cm・790g平均
  • 83cm・800g平均
  • 84cm・820g平均 

 

ルイスビルスラッガー 中学硬式用金属バットの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡ルイスビルスラッガー 中学硬式用金属バット  ツーピース

 

アシックス 中学硬式用バット 金属製 ゴールドステージ スピードアクセル

優れた操作性と優れた振り抜き感を両立されているアシックスのバットです。

細身のバットで重心はトップバランスになります。

 

素材は超々ジュラルミンが使用されています。

 

アシックス 中学硬式用バット 金属製 ゴールドステージ スピードアクセルの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡アシックス 中学硬式用バット 金属製 ゴールドステージ スピードアクセル

 

中学生用の硬式金属バット人気まとめ

中学生で使用する人気の硬式バットを紹介させて頂きました。

中学生で硬式用のバットを使用するとなると、やはり気になるのがバットの重さです。

 

まだ体が成長中の中学生にとっては、硬式バットはかなり重たく感じると思います。

自分のスイングや体型に合ったバットを選ぶのが大切になります。

 

バットの重心には3つのタイプがあります。

  • トップバランス
  • カウンターバランス
  • ミドルバランス

バットが重たく感じるようであれば、バットの重心の位置で調整すると良いと思います。

しっかりとバットが振れないと、本来のパフォーマンスを発揮する事が出来ません。

 

今回消化させて頂いたオススメバットは

  • ミズノ中学硬式用バット 金属製 グローバルエリート Jコング
  • 中学硬式バット 金属製 Proedge プロエッジ コンドルJH SSK/エスエスケイ
  • 中学硬式バット 金属製 ディマリニ DeMARINI ヴァーサス ウィルソン
  • ゼット 中学硬式金属バット ビッグバンショット
  • ルイスビルスラッガー 中学硬式用金属バット
  • アシックス 中学硬式用バット 金属製 ゴールドステージ スピードアクセル

以上の6選になります。

 

まずはしっかりとバットが振れるようになる事が大切です。

いくら良いバットを購入しても、しっかりと振れないと最大限のパフォーマンスを発揮出来ません。

 

中学生はまだ成長期なので、体を大きくするのも練習のうちだと思います。

よかったらコチラの記事もご覧頂ければと思います。

➡最強プロテイン『ホエイクエスト アルティマ』で野球上達!プロ選手も愛用しているオススメ商品

➡トレーニングバットでバッティング上達!マスコットバットよりも効果的な練習方法 下半身強化に飛距離アップ

 



-おすすめバット関連

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.