野球情報・知識

【野球】名球会入りの条件や資格 会員メンバーにはどんな選手がいるの?

投稿日:

日本のプロ野球で活躍すると一つの目標になってくるのが「名球会入り」する事です。

打者であれば通算2000本安打、投手であれば通算200勝や250セーブを挙げると試合中に花束を持って行ったりと祝福された光景を見た事があると思います。

 

そんな大記録と合わせて名球会という言葉も聞いたことがあると思います。

名球会入りする事は凄い事なんですが、実際どのくらい凄いのか知っている人は少ないのではと思います。

 

ここではプロ野球の名球会について紹介したいと思います。

プロ野球名球会について

名球界とは

名球会の正式名称は「一般社団法人日本プロ野球名球会」と言い、日本のプロ野球でプレーした選手、元選手による法人格をもった団体です。

1978年に設立され、当時の入会条件に昭和生まれである事が条件だったため、昭和名球会とも呼ばれていました。

現在では記録、実績が入会資格の条件を満たせば平成生まれでも入会できるようになっています。

 

その後、1981年に税法上の理由から株式会社として法人化しました。

代表取締役は金田正一氏、取締役は王貞治氏、長嶋茂雄氏でした。

 

2010年に一般社団法人として理事長は王貞治氏、副理事長は柴田勲氏、理事は鈴木啓示氏、長嶋茂雄氏、東尾修氏、山田久志氏、山本浩二氏となりました。

2014年12月に、新理事長に山本浩二氏、副理事長に柴田勲氏と古田敦也氏、顧問に長嶋茂雄氏と王貞治氏の新体制が発足しました。

「社会の恵まれない人達への還元と日本プロ野球界の底辺拡大に寄与する」ことを目的にし、国内外で少年野球指導や支援をはじめとする野球の普及促進および社会貢献、講演などに積極的に取り組んでいます。

 

名球会入りの資格や条件

名球会入りの条件を満たし、入会の意思を表示すれば入会する事が出来ます。

参加は任意であるため、条件を満たしていても入会するかどうかは本人の意思によります。

国籍は問わないので、外国人選手であっても入会する事は可能です。

 

入会資格の条件は

  • NPBの選手、元選手
  • 昭和以降の生まれ
  • 日米通算で投手は200勝か250セーブ、野手であれば2000本安打

NPBでの記録をスタート地点としているので、NPBの球団に所属してからの記録に限って、MLBの成績も合算するという意味になります。

なお韓国プロ野球や台湾プロ野球、日米の独立リーグなど、NPB・MLB以外での記録は含まれません。

 

外国人選手として初めて入会した選手は、アレックス・ラミレスです。

ラミレス選手はアメリカでもプレーしていましたが、日本でプレーしている記録で2000本安打を達成しています。

 

投手の入会条件は、200勝か250セーブとなっていますが、それぞれの合計が入会資格にはなりません。

 

名球会入りの新条件?

打者の2000本安打達成に比べると、投手の200勝か250セーブは達成しにくいと言う事で、条件を追加する事を検討しているという事です。

投手の分業制が主流となっているので、「100勝100H100S」なども新条件になるかもしれません。

 

2000年以降に条件を達成し入会したのは、野手28人に対し投手はわずか7人です。

特に、中継ぎ投手にとって名球会入りの基準はないに等しかった状況となります。

 

上原浩治投手は、日本人初となる日米通算100勝100セーブを挙げています。

100ホールドまであとわずかなので、100ホールドを達成した場合は名球会入りする可能性もあるかも知れません。

 

※ホールド

中継ぎ投手が同点もしくはセーブが付く条件を満たす状況で登板し、一死以上を奪い、リードを保つか同点のまま降板した場合に記録される記録です。

 

名球会の会員メンバー

名球会に入会すると、先輩会員から名球会ブレザーを着せてもらうという「名球会ブレザー贈呈式」が代々行われています。

では2017年シーズン終了時のメンバーを紹介したいと思います。

 

名球会メンバー投手200勝以上

米田哲也 350勝 近鉄

小山正明 320勝 太洋

鈴木啓示 317勝 近鉄

山田久志 284勝 阪急

稲尾和久 276勝 西鉄

梶本隆夫 254勝 阪急

東尾修  251勝 西武

工藤公康 224勝 西武

村山実  222勝 阪神

皆川睦雄 221勝 南海

山本昌広 219勝 中日

村田兆治 215勝 ロッテ

北別府学 213勝 広島

江夏豊  206勝 西武

黒田博樹 203勝 広島

平松政次 201勝 太洋

野茂英雄 201勝 ロイヤルズ

 

一覧にして見てみると、長い歴史のあるプロ野球でも200勝以上挙げている投手はごくわずかです。

それだけ200勝という記録は凄い記録という事になります。

 

名球会メンバー投手250セーブ以上

岩瀬仁紀  404セーブ 中日

佐々木主浩 381セーブ 横浜

高津臣吾  313セーブ ヤクルト

 

2003年の名球会の総会で250セーブ以上の投手も入会が認められるようになりました。

現在のプロ野球では、先発、中継ぎ、抑えと分業制のためセーブ記録も名球会入りの対象となりました。

 

名球会メンバー野手

イチロー  4358安打 マリナーズ

張本勲   3085安打 ロッテ

野村克也  2901安打 西武

王貞治   2786安打 巨人

松井稼頭央 2699安打 西武

松井秀喜  2643安打 レイズ

門田博光  2566安打 ダイエー

衣笠祥雄  2543安打 広島

福本豊   2543安打 阪急

金本知憲  2539安打 阪神

立浪和義  2480安打 中日

長嶋茂雄  2471安打 巨人

土井正博  2452安打 西武

石井琢朗  2432安打 広島

山本浩二  2339安打 広島

高木守道  2274安打 中日

山内一弘  2271安打 広島

井口資仁  2254安打 ロッテ

大杉勝男  2228安打 ヤクルト

大島康徳  2204安打 日本ハム

福留孝介  2190安打 阪神

新井貴浩  2178安打 広島

若松勉   2173安打 ヤクルト

稲葉篤紀  2167安打 日本ハム

広瀬叔功  2157安打 南海

秋山幸二  2157安打 ダイエー

宮本慎也  2133安打 ヤクルト

清原和博  2122安打 オリックス

小笠原道大 2120安打 中日

前田智徳  2119安打 広島

谷繁元信  2108安打 中日

中村紀洋  2106安打 DeNA

古田敦也  2097安打 ヤクルト

松原誠   2095安打 巨人

山崎裕之  2081安打 西武

藤田平   2064安打 阪神

青木宣親  2058安打 ヤクルト

有藤通世  2057安打 ロッテ

江藤慎一  2057安打 ロッテ

加藤秀司  2055安打 南海

和田一浩  2050安打 中日

小久保裕紀 2041安打 ソフトバンク

新井宏昌  2038安打 近鉄

阿部慎之助 2036安打 巨人

荒木雅博  2023安打 中日

野村謙二郎 2020安打 広島

柴田勲   2018安打 巨人

ラミレス  2017安打 DeNA

鳥谷敬   2015安打 阪神

田中幸雄  2012安打 日本ハム

駒田徳広  2006安打 横浜

 

野手は投手に比べると、多くの選手、元選手が入会しています。

現役選手の中にも入会している選手がいるので、打撃の技術が高まってきているのではと思います。

 

それにしてもイチロー選手の4358安打は別格の記録です。

また、落合博満氏は2371安打を達成しており入会の条件を満たしていますが入会しておりません。

詳細はわかりませんが、オレ流の考えあっての事なんだと思います。

 

名球会入りの条件や資格まとめ

名球会入りすると言う事は、プロ野球選手にとってとても名誉ある事です。

投手は200勝か200セーブ野手は2000本安打以上が条件とされています。

 

現状投手の条件は野手に比べ達成しにくくなっています。

そのため、条件の見直しもしているという事です。

条件が追加となったとしても、達成するにはかなりハードルが高い内容となります。

 

現在は投手16名、野手48名という会員人数で投手の人数が少ないですが、今後条件が追加されれば投手で入会できる人も増えてくるのではと思います。

 



-野球情報・知識

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.