野球上達用品・グッズ

内野手のグローブでオススメなメーカーはどこ?メリット・デメリット比較

更新日:

新しくグローブを購入しようと思った時に色や大きさ、形など迷う事はあると思いますが、中でもポイントとなってくるのはメーカーです。

野球用品を販売しているメーカーは多数あるので、どのメーカーが良いのか迷うと思います。

 

内野手のグローブでも、セカンド、サード、ショートのポジションは基本的に小さなグローブを使用します。

しかしファーストは送球を取りやすくする為、大きめのグローブを使用するのが一般的です。

 

内野手というポジションの特性を踏まえたうえで、どのようなグローブ、メーカーが良いのか紹介したいと思います。

内野手グローブを選ぶ時のポイント・注意点

手の平のサイズで選ぶ

グローブを選ぶ時のポイントの1つとなるのが手の平のサイズを知っておく事です。

特に小さなお子様が使用する場合は、大切になってきます。

 

グローブが大きすぎてしまうと、思うように扱う事ができなくなってしまいます。

特に内野手のグローブは小さめな物を選ぶため、若干キツメのサイズでも良いぐらいです。

 

手の平のサイズは身長に比例して大きくなるので、体のサイズに合わせてグローブを選ぶと良いと思います。

 

グローブのサイズ一覧

Sサイズ

身長120㎝~135㎝(小学1年~3年)

 

Mサイズ

身長135㎝~145㎝(小学2年~4年)

 

Lサイズ

身長145㎝~155㎝(小学4年~6年)

 

LLサイズ

身長155㎝以上(小学5年~6年)

 

あくまでも参考ですが、おおよその目安にはなると思います。

 

内野手のグローブの特徴

内野手のグローブは他のポジションのグローブと比較すると小さめになっています。

ゴロを処理する時に動きやすい様にするためと、捕球した後にすぐにボールを握れるようにするためです。

 

内野手のグローブはポケットと言われる捕球面で捕球するのではなく、手の平の部分で捕球します。

その方が素早くボールを握る事ができるからです。

際どいタイミングのゴロをアウトにするためや、ダブルプレーを狙う時などは一瞬のタイミングが重要になります。

少しでも早くボールを握れるように、ポケットの深い位置ではなく、握りやすい手の平部分で捕球します。

 

グローブは手入れ・メンテナンスが命

グローブを購入するときに、自分にどれだけ合った物を購入するかも大切ですが、手入れやメンテナンスはもっと重要です。

しっかりと手入れ、メンテナンスを行わないと固くなり使いにくくなったり、寿命が短くなってしまいます。

 

野球をしていく上でグローブは相方となる大切な物です。

ではどういった手入れ、メンテナンスをすれば良いのでしょうか。

 

グローブを柔らかくする

購入したばかりの新品のグローブは革が固く、扱いにくい状態です。

そのため、早く柔らかくして手に馴染ませたい所です。

すぐに柔らかくはならないので、毎日使用してじっくりと型を作っていくのが良いです。

 

グローブを柔らかくする野球用品には

  • グローブ専用オイル
  • 柔らかい布
  • ボール

が必要になります。

 

グローブ専用オイルを布にとり、薄く伸ばしながら塗っていきます。

型を作る為にボールを使用して捕球を繰り返します。

何度も繰り返す事によりグローブが柔らかくなり、理想的な型が出来上がってきます。

 

またボールにもオイルが付いてしまうので、ボールも手入れ専用のボールを用意するのがオススメです。

 

使用後のメンテナンスや手入れ方法の仕方はコチラからどうぞ

➡正しい野球グローブの手入れ方法 新品を柔らかく、使用後のメンテナンス、濡れた時の対処の仕方、保管方法など紹介

 

毎日メンテナンスをする

グローブを購入したら毎日やりたいメンテナンスがあります。

それは手で揉んだり曲げたりする事です。

 

捕球面や小指の根本なども入念に行うと良いと思います。

一気に折り曲げたり、強く揉みすぎてしまうと傷んでしまう場合があるので、最初は細かく折ったり優しく揉むのが良いと思います。

 

理想的なグローブの形をイメージしながら行う事が大切です。

グローブのメンテナンスには色々な道具があります。

 

メンテナンスに欠かせない用品の詳細はコチラからどうぞ。

➡野球グローブ手入れ道具のおすすめ紹介 メンテナンスには欠かせない必須野球用品グッズ一覧

 

内野手のグローブにオススメなメーカーランキング

ハタケヤマ内野手用グローブ


ハタケヤマの内野手用グラブは、 強度、キメの細かさが抜群です。

革へのこだわりが強く、色も和牛革を象徴するエコロジーブラウンで一貫しています。

 

素材が良いので、使えば使うほど馴染んでくる感じです。

 

ハタケヤマ硬式グローブの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡野球 グローブ 硬式内野手用 ハタケヤマ

 

ハタケヤマ軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡ハタケヤマ hatakeyama 軟式 グローブ内野手用

 

ZETT内野手用グローブ

軽量化とフィット感を追及しパフォーマンスアップしたZETTのグローブです。

手元バランス設計と親指フィット構造で抜群の操作性があります。

 

内野手には欠かせないスピーディーで確実なプレーをサポートします。

多くの人が使いやすいと思えるメーカーだと思います。

 

ZETT硬式グローブの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡硬式グローブ 内野手用【ZETT】

 

ZETT軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡【ZETT/ゼット】 軟式グラブ 内野手用

 

ZETT少年軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡少年軟式グラブZETT/ゼット

 

アディダス内野手用グローブ

2017年にゴールデングラブ賞を受賞した西川遥輝選手も愛用しているメーカーです。

全ての工程を一新し、品質重視のグラブ作りを再構築しています。

表革・平裏革は表面が柔らかくグラブをはめた時にはしっとりとした風合いがあり、捕球時の吸着性能もアップしています。

 

さらに光沢があり高級感が増したアディダスオリジナル開発のグラブです。

アディダス契約選手も使用する信頼感の高いレザーを採用しています。

小指側始動で補給し、スムーズにスローイングに移れる小ぶりで操作性を重視したパターン設計になっています。

 

アディダス硬式グローブの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡アディダス adidas 硬式グラブ 内野手用

 

アディダス軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡軟式グラブ アディダス 内野手用

 

アディダス少年軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡少年軟式グラブ アディダス少年軟式用

 

ローリングス内野手用グローブ

ローリングスのグローブは、オイル加工と芯通し加工で、柔軟性・耐久性をアップさせたステア皮革を使用しています。

使いはじめから柔らかく、扱いやすい即戦力対応の柔軟仕上げが魅力です。

 

使用している素材は、表/天然皮革、平裏/天然皮革(ソフトレザー)になります。

値段も手ごろな価格となっています。

 

ローリングス硬式グローブの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡野球グローブ ローリングス硬式内野手用

 

ローリングス軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡軟式グローブ ローリングス 軟式内野手

 

ローリングス少年軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡野球 グラブ ローリングス 少年軟式用

 

ウィルソン内野手用グローブ


柔らかくて、強くて、軽くて、長持ちするウィルソンのグローブです。

牛革の2分の1の軽さで、しかも水をはじくので重くなりにくいです。

そのため手入れも簡単にする事が出来ます。

 

ダブルパーム構造で型くずれ防止効果もあります。

 

ウィルソン硬式グローブの詳細はコチラからも確認出来ます。

➡硬式グローブ 内野手用 ウィルソン

 

ウィルソン軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡ウィルソン 軟式グラブ 内野手用

 

ウィルソン少年軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡ウイルソン(Wilson)少年軟式グラブ

 

内野手のグローブおすすめメーカーまとめ

内野手にオススメなメーカーのグローブを紹介させて頂きました。

 

今回紹介させて頂いたメーカーは

  • ハタケヤマ
  • ZETT
  • アディダス
  • ローリングス
  • ウィルソン

になります。

少年用となるとオールランド用が多いので、内野手として使用するのであれば小さめのグローブを選ぶと良いと思います。

 

内野手のグローブを選ぶ時のポイントは手の平サイズで選び、小さめのグローブにする事です。

内野手はポケットと言われる捕球面で捕球するのではなく、手の平の部分で捕球します。

その方が素早くボールを握る事が出来ます。

 

また、内野手の中でもショート、セカンド、サードとポジションによってグローブの形が変わってきます。

 

ポジション別に選ぶ時のポイントについてはコチラをどうぞ。

➡野球の内野手用グローブをポジション別に選ぶ時のポイント 初心者でも迷わないグローブの特徴を紹介

 

ゴールデングラブ賞を受賞したプロ野球選手の使用メーカーを調べてみました。

よければこちらも参考にしてみてください。

野球グローブの人気メーカーランキングベスト5 硬式オススメはどこ?プロ選手が愛用するメーカーも紹介

野球をするとなると必ず必要になるのがグローブです。 グローブを買う時に色や形と同じくらい気になるのが「メーカー」です。 自分はスラッガーを愛用していましたが、今では使用している人が少なくなってきている ...



-野球上達用品・グッズ

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.