野球上達用品・グッズ

外野手のグローブでオススメなメーカーはどこ?それぞれのメリット・デメリットを比較

更新日:

グローブを購入しようと思った時にどこのメーカーにするか迷う人は多いと思います。

各メーカーには色々な特徴があり、自分のプレイスタイルによってどのメーカーが良いのか変わってきます。

 

外野手のグローブを選ぶ時には、まずプレーの特徴を理解する事も大切になってきます。

まずは外野手というポジションの特徴やプレイを踏まえた上で、どういったグローブ、メーカーを選べばよいのか紹介したいと思います。

自分のプレイスタイルに合ったメーカーが見つかればと思います。

外野手の特徴について

守備範囲の広さ

まず外野手として大切な特徴は守備範囲の広さです。

内野手と比べると、外野手一人当たりの守備範囲は圧倒的に広くなります。

とくにセンターはレフト側にもライト側にも守備範囲があり、求められる守備範囲はかなり広くなります。

 

野球はホームベースを拠点に扇状になっているので、ホームベースから遠くなればなる程、守備範囲は広くなります。

 

内野手のカバーリング

カバーリングする事も外野手において大切な事です。

地味なプレーに感じるかも知れませんが、しっかりとカバーリング出来ていないと与えなくても良い進塁や得点を与えてしまいます。

 

守備範囲の広さにプラスして、カバーリングも外野手に求められる大切なプレーです。

 

打球への判断力

打者との距離が遠い事も、外野手の特徴の1つです。

そのため打球を判断する時間が長くあります。

 

一歩目のスタートが大切になってきますし、ボールの落下点にまっすぐ速く入る事が大切になります。

素早い判断力が求められるポジションと言えます。

 

外野手のグローブを選ぶ時のポイント・注意点

手の平のサイズで選ぶ

グローブを選ぶ時に手の平サイズを知っておく事は大切なポイントになります。

特に小さなお子様を持つ保護者の方は認識して置いてほしい内容になります。

グローブが大きすぎてしまうと、指がしっかりと奥まで入らず、グローブを思うように扱う事が出来ません。

 

手の平のサイズは身長に比例してくるので、体の大きさに合わせてグローブのサイズを決めると良いと思います。

 

グローブのサイズ

Sサイズ

身長120㎝~135㎝(小学1年~3年)

 

Mサイズ

身長135㎝~145㎝(小学2年~4年)

 

Lサイズ

身長145㎝~155㎝(小学4年~6年)

 

LLサイズ

身長155㎝以上(小学5年~6年)

 

あくまでも参考ですが、おおよその目安にはなると思います。

 

しっかりと開くグローブを選ぶ

外野手のグローブに限らず、しっかりと開くグローブを選ぶのは重要です。

これだけでグローブの扱いやすさは変わってきますし、捕球する確率も高くなると思います。

 

特に外野手のグローブは内野手や投手のグローブよりも大きな物になるので、形がしっかりしているのは大切です。

 

大きいグローブを選ぶ

外野手用のグローブの最大の特徴はグローブの大きさです。

メジャーなどで活躍した松井秀喜選手は、元々内野手だった為あえて小さいグローブを使用していますが、多くの外野手は大きなグローブを使用しています。

 

グローブは大きければ大きいほど、同じ位置にいた時に捕球できる距離が広くなります。

それだけ際どい打球に対し、捕球できる確率が高くなります。

 

グローブは手入れが命

いくら良いグローブを購入しても、手入れをしなかったら使いにくくなってしまい、グローブも傷みやすく寿命も短くなってしまいます。

グローブは野球をする上で大切なパートナーです。

 

阪神タイガースやメジャーリーグ、日本ハムで活躍していた新庄剛志選手は17年間同じグローブを使用していました。

どれだけ日々のメンテナンスを行い、グローブを大切にしていたか分かると思います。

 

グローブを柔らかくする方法

新品のグローブは革が固く、扱いにくい状況になっています。

ですので、早く柔らかくし手に馴染ませ扱いやすくしたい所です。

もちろんすぐには柔らかくならないので、毎日使用してじっくりと型を作っていきましょう。

 

グローブを柔らかくするのに必要な物

  • ボール
  • グローブ専用オイル
  • 柔らかい布

になります。

 

グローブ専用オイルを布にとり、薄く伸ばしながら塗っていきます。

型を作る為にボールを使用して捕球を繰り返します。

何度も繰り返す事によりグローブが柔らかくなり、理想的な型が出来上がってきます。

 

またボールにもオイルが付いてしまうので、ボールも手入れ専用のボールを用意するのがオススメです。

 

使用後のメンテナンス方法や正しいグローブの保管方法についてはコチラをどうぞ。

➡正しい野球グローブの手入れ方法 新品を柔らかく、使用後のメンテナンス、濡れた時の対処の仕方、保管方法など紹介

 

毎日のメンテナンス

グローブを購入したら毎日やりたいメンテナンスがあります。

それは手で揉んだり曲げたりする事です。

 

捕球面や小指の根本なども入念に行うと良いと思います。

一気に折り曲げたり、強く揉みすぎてしまうと傷んでしまう場合があるので、最初は細かく折ったり優しく揉むのが良いと思います。

 

理想的なグローブの形をイメージしながら行う事が大切です。

グローブのメンテナンスには色々な道具があります。

 

メンテナンスに欠かせない用品の詳細はコチラからどうぞ。

➡野球グローブ手入れ道具のおすすめ紹介 メンテナンスには欠かせない必須野球用品グッズ一覧

 

外野手のグローブにオススメなメーカーランキング

ミズノ外野手グラブ

プロ野球選手でも使用している人が多い人気メーカーのグローブです。

程よいオイル感がある軽量特化のNEWレザーが使用されており、手触り良くしっとりして抜群のしなやかさがあります。

 

どのメーカーか迷ったらとりあえずミズノを購入しておけば無難と言っても良いほどです。

多くの野球人が使いやすいと思えるオススメメーカーです。

 

ミズノ硬式用グローブの詳細はコチラからも確認できます。

➡ミズノ 硬式グローブ 硬式 外野手 グラブ

 

ミズノ軟式用グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡軟式グラブ ミズノ 野球 【軟式外野手向け】

 

ミズノ少年軟式グラブの詳細はコチラからどうぞ。

➡【ミズノ】 少年軟式グラブ 少年軟式内野×外野手用

 

ZETT外野手グラブ

2017年ゴールデングラブ賞を受賞した巨人の小林選手が愛用しているメーカーです。

素材は天然皮革製で、表)プロステイタスレザー、(平裏)プロステイタスレザーになります。

 

表平あて革構造により、捕球面の張りとしっかり感を実現しており「挟み捕り」型です。

ポケットも深いので、打球をガッチリとキャッチできると思います。

 

ZETT硬式グローブの詳細はコチラからも確認できます。

➡【ZETT/ゼット】 硬式グローブ グラブ 外野手用

 

ZETT軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡【ZETT/ゼット】 軟式グラブ グローブ 外野手用

 

ZETT少年軟式グラブの詳細はコチラからどうぞ。

➡少年 軟式グラブ ZETT/ゼット

 

アシックス外野手用グラブ

アシックスのグローブは広島カープの丸 佳浩選手や鈴木誠也が愛用しているメーカーです。

2017年はゴールデングラブ賞を獲得しており、ポジションも外野手なので、外野手にとっては使いやすいメーカーと言えると思います。

 

使用している素材は、表:天然皮革(WAGYUレザー)平裏:天然皮革(WAGYUレザー)になります。

グラブの特徴として、これまでに届かなかったボールに届きやすいグラブとあります。

アシックスのグローブを使用すれば守備範囲が広くなるかも知れません。

アシックス硬式グローブの詳細はコチラからも確認できます。

➡【アシックス】 硬式グラブ グローブ外野手用

 

アシックス軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡軟式用グラブ外野手用 アシックス(asics)

 

アシックス少年軟式グラブの詳細はコチラからどうぞ。

➡【アシックス】 少年軟式グラブ グローブ

 

SSK外野手用グラブ


ゴールデングラブ賞を獲得した秋山翔吾選手が愛用しているメーカーです。

外野手としては使いやすいメーカーになります。

 

天然皮革(牛革) を使用しているので、高級感あるグローブになります。

それだけに硬式用は価格がかなり高いですが、使いやすさは良いと思います。

 

SSK硬式グローブの詳細はコチラからも確認できます。

➡硬式グラブSSK/エスエスケイ外野手用

 

SSK軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡エスエスケー 軟式グラブ外野手用

 

SSK少年軟式グラブの詳細はコチラからどうぞ。

➡【SSK/エスエスケイ】 少年軟式グラブ軟式外野手用

 

ローリングス外野手用グラブ

素材は、表/天然皮革(HOHシングルオイル)、裏/天然皮革(HOHシングルオイル)が使用されています。

軽量化と表革バイブレーション加工で柔軟性がさらにUPしています。

親指部指裏をスリット構造にすることで、親指のホールドのさらなる調整が可能です。

 

ローリングスの一番のオススメは硬式グラブは他のメーカーに比べて価格が安いという事です。

硬式用のグローブが欲しいけど価格がなあ・・・

という方にはオススメなメーカーです。

 

ローリングス硬式グローブの詳細はコチラからも確認できます。

➡【ローリングス】グローブ硬式外野手

 

ローリングス軟式グローブの詳細はコチラからどうぞ。

➡野球 軟式用グラブ ローリングス外野手向きグローブ

 

ローリングス少年軟式グラブの詳細はコチラからどうぞ。

➡ローリングス 少年軟式グローブ

 

外野手にオススメなメーカーまとめ

外野手にオススメなメーカーを紹介させて頂きました。

 

オススメなメーカー

  • ミズノ
  • ZETT
  • アシックス
  • SSK
  • ローリングス

になります。

硬式用となるとどこも高額ですが、その中でもローリングスは安く購入する事が出来ます。

 

外野手のグローブを選ぶ時のポイント

  • 手の平のサイズで選ぶ
  • しっかりと開くグローブを選ぶ
  • 大きいグローブを選ぶ

という事になります。

 

そして最後に大切になるのがグローブのメンテナンスです。

どんなに良いグローブを購入しても、メンテナンスをしっかりと行わないと型崩れしてしまうし、寿命も短くなってしまいます。

自分のスタイルに合ったグローブを選び、少しでも長い期間使用できるように心がけましょう。

 

ゴールデングラブ賞を受賞したプロ野球選手の使用メーカーを調べてみました。

よければこちらも参考にしてみてください。

野球グローブの人気メーカーランキングベスト5 硬式オススメはどこ?プロ選手が愛用するメーカーも紹介

野球をするとなると必ず必要になるのがグローブです。 グローブを買う時に色や形と同じくらい気になるのが「メーカー」です。 自分はスラッガーを愛用していましたが、今では使用している人が少なくなってきている ...



-野球上達用品・グッズ

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.