高校野球・甲子園

【高校野球2018年】第90回春センバツ甲子園大会注目選手『投手編』ドラフト候補まとめ

更新日:

2018年センバツ甲子園の出場校チームが決まりました。

今回センバツは第90回、夏の甲子園は第100回大会という事で、春夏共に盛り上がりそうです。

 

2017年の選抜甲子園は大阪代表の大阪桐蔭高校が圧倒的な強さを見せつけ決勝進出しました。

決勝戦では同じく大阪代表の履正社高校との対戦でした。

大阪桐蔭は決勝戦でもその強さを見せつけ、8-3で圧勝。

見事勝利し、5年振り2度目の優勝を果たしました。

第90回選抜大会においても、大阪桐蔭は優勝候補の筆頭です。

 

今回の選抜90回大会は記念大会とし、出場校が36校になっています。

また、新ルールである『タイブレーク制』が導入されます。

タイブレーク制導入の意見は賛否ありますが、甲子園大会の過酷な日程をこなす上で、選手達の事を考えたルールではないかと思います。

➡高校野球甲子園2018年からタイブレーク制導入!新ルール導入と変更の理由について

 

春の選抜甲子園大会の出場校も決まり、注目選手は気になる所だと思います。

そこで、第90回大会の注目選手をまとめてみました。

ここでは『注目投手』をピックアップして見たので、紹介したいと思います。

➡2018年第90回センバツ高校野球出場校36校が決定!優勝候補は大阪桐蔭!?甲子園出場校の紹介

大阪代表 大阪桐蔭

柿木 蓮投手

優勝候補である大阪桐蔭のエースです。

マックス147キロのストレートに、変化球はスライダーカーブがあります。

 

ストレートは常時140キロを超え、力のある球を投げます。

120キロ前後のスライダーと、110キロ前後のカーブのコンビネーションで三振も取れるピッチャーです。

 

横川 凱投手

身長190㎝の長身サウスポーです。

柿木投手とダブルエースと言った感じです。

 

ゆったりとしたフォームから投げるストレートのマックスは144キロで、見た目以上に球速を感じるのではと思います。

 

根尾 昴投手

中学生の頃から140キロ台のストレートを投げ、打っては大阪桐蔭の4番を務める二刀流の選手です。

1年生の頃からレギュラーとして活躍し、新チームでは副キャプテンを務めています。

 

柿木投手、横川投手、根尾投手と140キロ以上を投げる投手が3名いるので、過密なスケジュールをこなす甲子園では有力な投手陣だと思います。

 

愛知代表 東邦高校

扇谷 莉投手

身長188㎝、体重85㎏という恵まれた体格から投げ出されるストレートは最速146キロ

角度もあるので、打者からするとなかなか打ちづらそうです。

 

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップがあります。

将来性も高い投手なのではと思います。

 

高知代表 明徳義塾

市川 悠太投手

明治神宮大会の優勝に大きく貢献したエースの市川投手。

ストレートの最速は145キロです。

 

変化球は、スライダー、チェンジアップ、ツーシームなどがあります。

サイドスロー気味で投げるので、打者からすると見えづらく打ちにくいのではと思います。

神宮大会の決勝戦では完封勝利し、安定感もスタミナもある投手です。

 

千葉代表 中央学院

大谷 拓海投手

1年生の頃からライトでレギュラーとして出場し、1年生の秋から中央学院のエースを務めています。

打撃では2年生の秋から4番も打っています。

 

サイドスロー気味のフォームで、ストレートのマックスは144キロです。

変化球はカーブ、スライダー、フォークがあります。

二刀流選手として甲子園での活躍に期待です。

 

岩手代表 花巻東

西舘 勇陽投手

身長184㎝、体重76㎏の右投右打のピッチャーです。

1年生の夏からベンチ入りをし、背番号17番を付ける2年生ピッチャーです。

ストレートのマックスは142キロです。

 

花巻東の17番は、菊池雄星投手や大谷翔平投手が付けていた番号で、出世するという番号を付ける本格派右腕です。

17番を付けると言うことは、監督の期待もかなり高いと思います。

 

石川代表 星稜

奥川 恭伸投手

1年生の秋に行った北信越大会で20回を投げ、25奪三振1失点の好投を見せました。

身長は181㎝、体重78㎏で右投右打です。

 

最速146キロのストレートと、緩急をつけるカーブがあります。

冬のトレーニングで一回り大きく成長した姿をセンバツ甲子園で見るのが楽しみな投手です。

 

和歌山代表 智弁和歌山

平田 龍輝投手

185㎝の長身からマックス144キロのストレートを投げます。

変化球はチェンジアップ、フォークボールがあります。

 

2年生の時に夏の甲子園で投球した経験があり、6回を投げ無失点でした。

センバツ大会ではどのくらいの成長が見られるか楽しみです。

 

長崎代表 創成館

川原 陸投手

身長184㎝のサウスポー投手です。

ストレートのマックスは141キロです。

 

2年秋の九州大会で初Vを達成し、11奪三振、完封勝利を達成しています。

ストレートとスライダーを武器に三振が取れるピッチャーです。

 

第90回センバツ甲子園注目投手まとめ

記念大会である第90回の選抜甲子園の注目投手をまとめさせて頂きました。

 

2018年選抜選手権大会の注目投手

  • 大阪桐蔭 柿木 蓮投手
  • 大阪桐蔭 横川 凱投手
  • 大阪桐蔭 根尾 昴投手
  • 東邦高校 扇谷 莉投手
  • 明徳義塾 市川 悠太投手
  • 中央学院 大谷 拓海投手
  • 花巻東  西舘 勇陽投手
  • 星稜高校 奥川 恭伸投手
  • 智弁和歌山 平田 龍輝投手
  • 創成館  川原 陸投手

以上10名の投手になります。

 

どの投手も140キロを超えるストレートを投げ、良い変化球を持っています。

センバツ甲子園では、冬のトレーニングで一回り成長した姿を見せてくれると思います。

 

やはり大阪桐蔭が140キロを超える投手が3名いるので、甲子園大会を勝ち抜くには有力な投手陣が揃っていると思います。

しかし、何が起こるか分からないのが甲子園です。

第90回という記念大会を楽しませてくれるのではと思います。

【高校野球2018年】第90回春センバツ甲子園大会注目選手『打者・野手編』ドラフト候補まとめ

2018年の選抜甲子園大会は第90回となる記念大会になります。 出場校も例年よりも多く36校となっています。 夏の甲子園大会は第100回となり、春夏共に盛り上がりそうな感じがします。   第90回春の ...

 



-高校野球・甲子園

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.