野球初心者の方

【野球】OPSの意味や計算方法は?知っておきたい内容、見方、重要性、注意点などまとめ

投稿日:

野球の選手の成績には、打率や打点などの数値があります。

それと同様に『OPS』というのがあります。

実際OPSという数値を見た事がある人は多いと思いますが、実際どういった事を表している数値なのでしょうか。

 

また、プロ野球選手はどの選手が高いOPSの数値を出しているのでしょうか。

ここではOPSについて紹介したいと思います。

OPSについて

OPSとは『On-base plus slugging』の略であり、打者を評価する指標の1つで、出塁率と長打率とを足し合わせた値になります。

比較的簡単に求める事ができる数値で、得点との相関性が分かりやすいです。

 

打者の成績と言えば、打率、打点、本塁打などが主に取り上げられていますが、野球は得点を多く取った方が勝つルールです。

個人よりもチームスポーツになるので、いかに得点に関りをもったかが大切になります。

 

OPSの重要性

OPSは得点との相関関係の強さと、計算方法が簡単という事でメジャーリーグで2000年代以降普及しました。

現在では打者成績の公式記録として採用されている程です。

もちろん日本のプロ野球においても、その数値は重要とされています。

 

2006年にヤクルト監督に就任した古田敦也氏が、リーグ最高のチーム打率ながら最少得点に終わった打線を強化するため、出塁率と共にOPSを重視することを明言しました。

 

2009年に広島東洋カープ監督のマーティ・ブラウン氏がOPSを重視した打線を組むとした事で注目されました。

 

米国球界経験者のG.G.佐藤選手が西武ライオンズとの契約の時に、OPSに応じた出来高の導入もありました。

 

2017年パ・リーグの優勝はソフトバンクでしたが、リーグの順位とチームOPSの順位がほぼ一緒でした。

 

OPSの計算式

OPSの計算方法は簡単で『出塁率+長打率』になります。

出塁率にはヒット、フォアボール、デッドボールなどが含まれ、長打率には2塁打、3塁打、本塁打が含まれます。

 

OPSの見方

野球においてOPSが重要というのはお分かり頂けたと思います。

では、どのらくいの数値が良い数値で、悪い数値はどのくらいなのか紹介したいと思います。

 

OPSの開発者であるビル・ジェームズ氏はランクA~Gまでの7段階で分類しました。

ランクA

素晴らしい OPS0.9000以上

ランクB

非常に良い OPS0.8334~0.8999

ランクC

良い OPS0.7667~0.8333

ランクD

普通 OPS0.7000~0.7666

ランクE

平均以下 OPS0.6334~0.6999

ランクF

悪い OPS0.5667~0.6333

ランクG

非常に悪い OPS0.5666以下

 

OPSの注意点

出塁が過小評価されている

得点期待値からプレーの得点価値を算出するLinear Weightsと比較すると、出塁能力が過小評価されている問題点があります。

 

走塁能力に直結しない

OPSでは選手が出塁した後の進塁・盗塁の成否は問われません。

そのため選手の走塁能力を充分に反映した指標とは言えませんが、走塁能力によって長打の数が増えたり内野安打になったりする事もあるので、走塁能力もある程度はOPSに反映されます。

 

打者のタイプの違いを表す数値ではない

二つの数値を足すため「長打はないが出塁率が高い」打者なのか、「出塁率は低いが長打が打てる」打者なのかは分かりにくいです。

米国のメディアは打率、出塁率、長打率の3指標を「打率/出塁率/長打率」とまとめて記載することで問題を解決しています

 

プロ野球選手のOPS

2017年度セ・リーグOPSランキング

1位

広島カープ 鈴木誠也選手

OPS.936

2位

横浜DeNA 筒香嘉智選手

OPS.909

3位

広島カープ 丸 佳浩選手

OPS.903

4位

読売ジャイアンツ マギー選手

OPS.897

5位

中日ドラゴンズ ゲレーロ選手

OPS.896

6位

ヤクルトスワローズ バレンティン選手

OPS.864

7位

横浜DeNA ロペス選手

OPS.863

8位

横浜DeNA 宮﨑敏郎選手

OPS.856

9位

阪神タイガース 糸井嘉男選手

OPS.829

10位

阪神タイガース 福留孝介選手

OPS.818

 

2017年度パ・リーグOPSランキング

1位

ソフトバンク 柳田悠岐選手

OPS1.016

2位

西武ライオンズ 秋山翔吾選手

OPS.933

3位

楽天イーグルス 茂木栄五郎選手

OPS.867

4位

オリックス T-岡田選手

OPS.862

5位

ソフトバンク デスパイネ選手

OPS.859

6位

楽天イーグルス ペゲーロ選手

OPS.846

7位

楽天イーグルス ウィーラー選手

OPS.835

8位

西武ライオンズ 浅村栄斗選手

OPS.799

9位

日本ハム 西川遥輝選手

OPS.794

10位

福岡ソフトバンク 松田宣浩選手

OPS.777

 

 

OPSの意味や計算方法まとめ

OPSは打者の能力を計る1つの数値で『出塁率+長打力』で求める事ができます。

得点との相関性が高く、かなり重要とされている数値の1つです。

 

OPSの数値は.700以上が普通とされていて、それ以下だと平均以下になります。

打率や打点とはまた違った意味を持つ数値で、かなり重要とされている数値です。

 

OPSを見ると、その選手の違う一面に気付く事もあると思います。

今後も選手の成績を見る時は、OPSにも注目して見て頂ければと思います。

 

捕手のフレーミング技術はボールをストライクに変える能力 その技と数値化する計算方法を紹介

ここ数年メジャーリーグでは、捕手の守備力を評価するにあたり『フレーミング』という新機軸が登場しています。 『フレーミング』とはストライクかボールか際どいボールを球審にストライクとコールさせる技術の事で ...

続きを見る

 

-野球初心者の方

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.