プロ野球情報

2018年プロ野球ペナントレース『セ・リーグ』順位予想 優勝チームは何処?AクラスBクラスは?

更新日:

セ・リーグは2年連続広島カープが優勝しています。

2位の阪神タイガースとは10ゲーム以上の差を付けての優勝でした。

来シーズンも3連覇に向けて十分な戦力があると思います。

他の球団も補強や若手選手の活躍次第では優勝を狙えるチームになってくると思います。

 

2018年のペナントレースがどうなるのか順位予想してみました。

2018年各球団戦力分析

広島カープ戦力分析

上位打線の田中選手、菊地選手、丸選手に4番の鈴木選手と守備、打撃も良い盤石の布陣が揃っています。

松山選手は規定打席に達しませんでしたが、3割以上の成績を残しているので、来シーズンも期待が出来ます。

 

投手陣においても、薮田投手、岡田投手、大瀬良投手の3名で貯金17をを作りました。

9勝を挙げた野村投手に、不調だったジョンソン投手が復活すれば投手陣も安定します。

 

若手選手が育ってきている広島カープは今が一番強い時期なのではないでしょうか。

投手、野手共に良い選手が揃っていると思います。

➡プロ野球2018年『広島カープ』開幕投手、先発ローテーション投手、スタメン選手予想

 

読売ジャイアンツ戦力分析

2017年のシーズンは11年振りにAクラスを逃しました。

大型補強をしましたが、成果が出ずに終わってしまいました。

 

投手陣においては、菅野投手、マイコラス投手、田口投手で大きな貯金を作っています。

となると、打撃陣の底上げが必要になるのではと思います。

 

チームの主砲である阿部選手はピーク時のパフォーマンスを取り戻すのは難しく、長野選手も怪我をしがちです。

補強したマギー選手の活躍が目立ちましたが、マギー選手も楽天時代よりも長打力が低下しています。

 

優勝を目指すには不安要素がかなりあるチーム状況なのではと思います。

➡プロ野球2018年『読売ジャイアンツ』開幕投手、先発ローテーション投手、スタメン選手予想

 

横浜DeNAベースターズ戦力分析

クライマックスシリーズでは快進撃を見せ、日本シリーズでもソフトバンクを苦しめました。

打線は日本の4番筒香選手を中心に、ロペス選手、首位打者の宮崎選手と抜群のクリーンアップが揃っています。

 

課題とされていた投手陣も今永投手、濱口投手、石田投手など若手選手が育ってきています。

先発投手陣はこの3名の投手に、井納投手とウィーランド投手を加え5名は安定したローテーションになると思います。

 

あと1名がどの投手になるか、またその投手の活躍が鍵になりそうです。

➡プロ野球2018年『横浜DeNAベイスターズ』開幕投手、先発ローテーション投手、スタメン選手予想

 

阪神タイガース戦力分析

糸井選手の補強などがあり、シーズン2位で終えましたが、首位広島との差は10ゲーム以上とまだまだ力の差がありました。

ベテランの糸井選手、福留選手が主軸を打つ打線は強力ですが、それだけ若手選手が育っていない状況です。

大山選手など若手の活躍も目立ちましたが、まだまだベテラン選手に力及ばずといった感じです。

 

先発投手陣においても、二桁勝利を挙げたのは秋山投手とメッセンジャー投手のみです。

優勝を目指すチームであれば、先発投手陣にもっと厚みが欲しいところです。

 

若手投手陣も思うような活躍を見せる事が出来ず、来シーズンに不安が残る形となってしまいました。

➡プロ野球2018年『阪神タイガース』開幕投手、先発ローテーション投手、スタメン選手予想

 

ヤクルトスワローズ戦力分析

2015年にリーグ制覇したヤクルトですが、主力選手の故障や不調により良い成績が残せませんでした。

トリプルスリーを2年連続で獲得した山田選手も、不本意な成績でシーズンを終えました。

 

来シーズンはバレンティン選手の残留や、青木選手の移籍がありました。

山田選手、川端選手の復活があれば打撃力は申し分ないほど強くなるのではと思います。

 

投手陣は二ケタ勝利を挙げた先発投手がいなく、来シーズンもかなり苦しくなるのではと思います。

原投手、星投手など若手でどれだけ勝利数を挙げられるかポイントになりそうです。

➡プロ野球2018年『ヤクルトスワローズ』開幕投手、先発ローテーション投手、スタメン選手予想

 

中日ドラゴンズ戦力分析

2017年は打線の中心となる平田選手、大島選手、ピジエド選手の離脱があり常にオーダーを組むのに困っていた印象があります。

しかし、新人王を獲得した京田選手など新たな戦力や、福田選手の成長も見られました。

また、外国人選手の補強などもあり、選手層に厚みが加わった感じがします。

 

課題となるのは投手陣で、2017年のシーズンでは二ケタ勝利を挙げた投手がいません。

エースとして期待されている大野投手も思うような成績が残せていなく、7勝防御率4.02という結果でした。

松坂投手の加入も有り、投手陣に良い影響を与えてくれる事を期待しています。

➡プロ野球2018年『中日ドラゴンズ』開幕投手、先発ローテーション投手、スタメン選手予想

 

2018年セ・リーグ順位予想

セ・リーグの順位予想ですが、以上の分析から

1位 広島カープ

2位 横浜DeNA

3位 読売ジャイアンツ

4位 中日ドラゴンズ

5位 ヤクルトスワローズ

6位 阪神タイガース

と予想しました。

 

今が黄金期と言っても良い広島カープのチーム力は高く、来シーズンも優勝なのではと思います。

投手陣、打撃陣の整っており、穴が少ない印象です。

 

広島に対抗するのは横浜DeNAになると思います。

2017年のシーズンは広島カープが2位に10ゲーム以上の差を付け優勝しましたが、2018年は横浜DeNAと接戦になるのではと思います。

 

3位には読売ジャイアンツと予想しました。

やはり安定した投手陣がいる事が3位に予想したポイントになります。

 

4位に予想したのは中日ドラゴンズで、外国人選手補強の期待と松坂投手に加入により、投手陣に良い影響を与えてくれる事を期待しています。

 

5位にはヤクルトスワローズを予想しました。

青木選手の移籍があり、打撃は強化されますが投手陣に不安があります。

 

6位には阪神タイガースと予想しました。

ベテランの活躍が大きく、若手選手の育成がまだまだなところがあります。

ベテラン選手が怪我や不調になってしまったりすると選手層に不安があります。

また、投手陣の若手の活躍もイマイチなので、6位と予想しました。

➡プロ野球をスカパーで見る!詳細はコチラからどうぞ

 

2018年ペナントレース『セ・リーグ』まとめ

セ・リーズの順位を予想させて頂きました。

 

2018年のペナントレース予想

1位 広島カープ

2位 横浜DeNA

3位 読売ジャイアンツ

4位 中日ドラゴンズ

5位 ヤクルトスワローズ

6位 阪神タイガース

 

2018年も広島カープが優勝し、3連覇になるのではと思います。

鍛え上げられた広島カープはまさに黄金期で、投手陣、野手陣ともに申し分ない状況です。

 

対抗してくるチームが横浜なのではと思います。

2017年のシーズンは広島が2位に10ゲーム以上の差をつけ優勝しましたが、2018年のシーズンは接戦になるのではと思います。

 

中日、ヤクルトも順位を上げていますが、投手陣に欠けてしまいBクラスと予想しました。

シーズン始まってから思いもしない不調やケガなどがあったり、思いもしない若手選手の活躍があったりするので、来シーズンの結果がどうなるのか楽しみです。

➡【プロ野球】2018年ブレイク予想!活躍が期待されるセ・リーグ注目の若手選手をピックアップしてまとめ

2018年プロ野球ペナントレース『パ・リーグ』順位予想 優勝チームは何処?AクラスBクラスは?

2017年のシーズンは前半戦は楽天に勢いがあり、4年振りの優勝をするのではという快進撃でした。 しかし、シーズン終わってみれば圧倒的強さでソフトバンクが優勝でした。   安定したスタメン選手と、離脱し ...



-プロ野球情報

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.