打撃技術向上

【野球】ヒットエンドランの意味は? 成功率を上げ失敗を少なくするバッティング技術のポイントやコツ

更新日:

ヒットエンドランは野球における戦術の1つで、略してエンドランとも言います。

送りバンドの場合だと、ランナーの塁を1つ進めるのに1つのアウトを取られますが、ヒットエンドランは成功すれば1つのアウトも取られずに大きくチャンスを広げる事が出来ます。

 

しかし、失敗すると最悪ダブルプレーになる事もあります。

成功すれば一気にチャンスは広がりますが、失敗するとダブルプレーになりイチかバチかの様な戦術に感じるかも知れません。

 

ですが、ヒットエンドランで成功率を上げるバッティングのポイントがあります。

ここではヒットエンドランのポイントを紹介したいと思います。

ヒットエンドランについて

ヒットエンドランとは

ピッチャーの投球と同時にランナーが次の塁に走ります。

バッターは投球した球がボールであっても打ち、進塁を早める戦術です。

 

ヒットエンドランのメリット

バッターが打った打球がヒットになれば、スタートを切っていたランナーが一気に進塁する事ができ、打ったバッターも塁に残る事が出来ます。

送りバンドだと1アウトと引き換えに1つ進塁しますが、ヒットエンドランが成功したときは一気にチャンスを広げられます。

 

バッターの打った打球次第ですが、1塁ランナーが一気にホームまで帰れるケースもあります。

打撃が協力なチームなどは、送りバンドよりも積極的に打ってくるので、ヒットエンドランが多くなります。

 

デメリット

バッターが打った打球がライナーだった場合に、スタートを切っていたランナーが戻れずダブルプレーになってしまう事があります。

このダブルプレーになってしまうのが最悪のケースです。

 

フライを打ち上げてしまった場合はランナーが戻る事は出来ますが、進塁できずにアウトを1つ与えてしまいます。

こうなると送りバントの方が良かったと思ってしまいます。

 

また、バッターが空振りをしてしまうと単独スチールしたのと同じになります。

バッテリーに読まれて外されてしまった時など、ランナーがアウトになってしまいやすいです。

 

ヒットエンドランのポイント

狙いやすいカウント

ヒットエンドランはどんな球でも打つのが作戦です。

ですので、ピッチャーがストライクを投げやすいカウントの時が仕掛けるポイントです。

2ボール0ストライク、3ボール1ストライクなどのカウントが狙いやすいです。

 

意識するポイント

ヒットエンドランはただ来た球を打つのではなく、しっかりとしたポイントがあります。

たとえばランナー1塁でヒットエンドランの時は、1、2塁間を狙うのが理想です。

 

ライト前ヒットになれば、スタートしていたランナーは一気に3塁まで進むことができ、ランナー1、3塁の状況を作る事が出来ます。

フライやライナーは打たないように、ゴロを転がす事が大切です。

右バッターであれば流し打ちを意識し、左バッターであれば引っ張る事を意識します。

➡流し打ちが出来ると打率が上がる?習得する方法やポイント、逆方向に打つメリットとデメリットについて

 

最低限の役割

送りバントではなく、ヒットエンドランのサインが出るという事は、バッティングに期待されているからです。

できればヒットを打って一気にチャンスを広げたい所です。

 

しかし、そう簡単にヒットは打てません。

ですので、最低限の役割としてランナーを進める事です。

結果的に送りバントをした時と同じになりますが、ランナーを進めるのが最低限の役割です。

 

もしピッチャーの投球に対して、まったくタイミングが合わなかったり、大きく外れたボール球だった場合は、なんとかバットに当ててファウルにするようにしましょう。

カット打法でファウルにする技術と駆け引き 粘る理由やメリット、カットするときのポイントやコツについて

KeithJJ / Pixabay あわやホームランと言う大飛球も、打ち取った打球もファウルとなれば仕切りないしです。 フェアかファウルか紙一重の差が、時に試合の流れを大きく左右する事もありあす。   ...

 

失敗しないヒットエンドランのテクニックまとめ

ヒットエンドランは成功すれば一気にチャンスを広げることができる戦術です。

バッティングを得意とするチームは、送りバントよりもヒットエンドランを積極的に使用してきます。

 

しかし、失敗するとランナーを進められずアウトカウントを1つ増やしてしまいます。

最悪のケースはダブルプレーになり、せっかくのチャンスを台無しにしてしまう事もあります。

 

ヒットエンドランでバッターが意識する事は、最低限ランナーを進めるバッティングをする事です。

フライやライナーを打つのではなく、しっかりとゴロを転がす事を心掛ける事が大切です。

 

野球ギア『ヒットアウェイSKLZ』でバッティング上達!打撃練習が効率よく効果的に一人で出来る練習方法

今までの野球ギアと言えば2人で行う練習方法がほとんどでした。 しかし、今回紹介する野球ギア『ヒットアウェイ』は一人で効果的なバッティング練習をする事ができます。   一人でバッティング練習をするとした ...

 



-打撃技術向上

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.