プロ野球情報

大谷翔平選手エンゼルスでの背番号は「17」に!選んだ理由と花巻東時代との関係性について

更新日:

日本ハムからポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍を表明していた大谷翔平選手(23)の行き先は、エンゼルスに決まりました。

日本ハムでは5年間背番号11を付けていましたが、エンゼルスの背番号11は、1979年に球団史上初の地区優勝を成し遂げた時の監督だったジム・フレゴシが付けていた為、いまは永久欠番となっています。

 

大谷選手が心機一転付けた背番号は「17」番でした。

 

エンゼルスについて

チームについて

ロサンゼルス・エンゼルスは、アメリカンリーグ西地区の強豪チームです。

本拠地はカリフォルニア州アナハイムにある「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」になります。

 

エンゼルスは1961年にアメリカンリーグの球団拡張によって誕生した球団です。

1979年に初の地区優勝を果たし、1982年と1986年にも地区優勝を果たしました。

しかし、いずれもプレーオフで敗れてしまい、リーグ優勝にはなりませんでした。

 

2002年にはワイルドカードでプレーオフに進出となり、勢いにのって勝ち上がり初のワールドチャンピオンに輝きました。

2003年以降は補強に力を入れ、2004年以降は6年に5度の地区優勝を果たすなど、リーグ屈指の強豪チームになりました。

 

球団の経営について

1997年から2005年まではウォルト・ディズニー社が経営に携わっていました。

2002年のワールドシリーズ初制覇時の優勝パレードは、同じアナハイムにあるディズニーランドで行われました。

 

2005年にヒスパニックの実業家であるアルトゥーロ・モレノがオーナーに就任しました。

モレノはチケット、ビールの値下げ、家族向けの低価格帯グッズの販売などを展開し、ファン層の拡大にも力を注ぎました。

試合中はホーム球場であるエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムを歩き回り、ファンと積極的にコミュニケーションをとっている姿が見られています。

 

その効果もあってか、2004年以降はレギュラーシーズンの平均観客動員数は4万人を超えるようになり、スタンドはチームカラーの赤に染まりました。

現在では、シーズン入場者数は330万人から340万人程度を推移しており、メジャーでも上位の人気を誇っています。

 

大谷選手の背番号「17」について

本当は27番を希望していた?

9日(日本時間10日)の記者会見で17番の理由を聞かれた時に、大谷選手はかすかにほほえんで答えました。

 

「本当は27番にしようかなと思ったのですが、埋まっていたので17番にしました。」

 

このコメントに集まった約1千人のファンが、どっと沸きました。

ファンが沸くのも無理はありません。

エンゼルスの背番号27番はアメリカンリーグのMVPを2回受賞したチームの大スター、マイク・トラウト(26)の背番号だからです。

大谷選手は茶目っ気たっぷりのジョークでファンの心を早速つかんだようです。

花巻東時代との関係性

大谷選手は花巻東高校時代にも背番号17を付けた事がありました。

1年生の時、夏の全国高校野球選手権岩手大会での背番号が17番でした。

実は花巻東高にとって背番号17番は少し特別な番号になっています。

 

花巻東高の佐々木洋監督は、

「左投手なら16番とか、私の勝手なイメージがあったんです。17番は、将来エースにと期待する投手につけさせていました。」

と言っています。

 

伝統が確立したのは2007年で、当時1年生の菊池雄星(26、現・西武)が17番でした。

夏の甲子園で147キロの直球を投げ、注目を浴びました。

菊池投手にあこがれて花巻東高に進んだ大谷選手以降も、「エース候補=17番」は脈々と続き、近年では16年に広島入りした高橋樹也(20)が2年生の夏に17番を付けていました。

この秋、東北大会準優勝に貢献した西舘勇陽投手(1年)も背番号17番です。

 

大谷選手は特に意味はない、と言いながらも

「僕が新たな気持ちで頑張っていくときに、17番にしようかなと思った。」

とコメントしています。

 

大谷翔平選手エンゼルスでの背番号まとめ

大谷選手がポスティングシステムで入団したロサンゼルス・エンゼルスは、アメリカンリーグ西地区の強豪チームです。

元エンゼルスでプレーしていた高橋尚成投手は「良いチームを選んだ」と言っています。

 

エンゼルスでの背番号は「17番」になり、花巻東時代にも付けた事がある背番号となりました。

大谷選手のメジャーリーグでの二刀流はどうなるのでしょうか。

来シーズンの活躍が楽しみです。

歴代最強プロ野球先発投手ランキングベスト5 奪三振記録、防御率、ストレートのマックス、変化球などについて

投手というポジションは誰でも出来るポジションではなく、試合に勝つ上で重要なポジションです。 高校生の場合など、絶対的エースが一人いれば大会などある程度勝ち進む事が出来てしまう程です。   プロ野球の投 ...

 



-プロ野球情報

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.