プロ野球情報

プロ野球にチャレンジ制度が2018年から導入 監督が要求できる回数やシステムの内容、導入理由について

更新日:

2018年よりプロ野球で審判の判定に異議があるときに、監督が映像によるリプレイ検証を求める制度が導入される事になりました。

現在のプロ野球は審判員が必要と判断した時のみリプレイ映像での検証を行っています。

 

メジャーリーグでは2014年から導入している「チャレンジ制度」の日本版となります。

日本での名称は「リクエスト」という事です。

これはプロ野球実行委員会で正式に決定致しました。

新制度「リクエスト」について

リクエストとしてリプレイ検証ができるのは、ストライク、ボールの判定以外のプレーです。

ライン際の際どい打球がホームランなのかファールなのか、本塁突入時の際どいタッチプレーがセーフなのかアウトなのか、などです。

リクエストを導入することで正しい判定を守る事ができ、審判員の威厳も保たれファンを大切にすることが出来ます。

 

リプレイ検証の映像

リプレイ検証にはテレビ局の中継映像を利用となるので、テレビで一般視聴者が見る映像と同じになります。

各球場に映像機器を設置して中継映像を録画します。

 

「リクエスト」をする時は審判団がその場で録画映像をチェックして判定する事になります。

映像に確証がない場合は、審判団の判断により判定します。

 

監督が要求できる回数

監督が要求できる回数は1試合に2回までとなります。

リクエストにより判定が覆った場合は回数がそのまま継続されます。

 

延長に入った場合は回数がリセットとなり、今までの使用回数にかかわらず、延長で1回使える事になります。

ストライクやボールのほか、ハーフスイング、自打球、ボークなどの判定は対象外となります。

この運用はメジャーリーグと同じになります。

 

リクエスト導入理由について

2017年までのプロ野球は、リプレイ検証として本塁でのクロスプレー、二塁などでの併殺阻止の危険なスライディング、フェンス際への本塁打性の打球の三つを対象としていました。

映像を確認するかどうかは審判員が判断していました。

 

メジャーリーグでは2014年からチャレンジ制度を導入し、日本でも判定に対してより客観性を求める声が高まりました。

日本のプロ野球のゲームオペレーション委員会では新しく「リプレー検証検討委員会」を設置し、制度導入を検討してきました。

 

メジャーリーグはかなりの費用をかけて全球場にカメラを設置し、すべての試合映像をリアルタイムで一括管理するシステムを構築しました。

日本では地方球場での試合開催など設備面に課題がありました。

しかし、日本でもCS放送などで全試合をテレビ中継しているので、その映像を使うことで導入可能と言う判断になりました。

 

リクエスト導入後のプロ野球は

 

野球の試合においては際どいプレーがあります。

得点に絡むケースも多く、アウトになるかセーフになるかで試合の流れを左右し、勝敗に影響を及ぼします。

 

ベンチに求められる駆け引き

試合展開や状況によって、使いどころを見極める必要性があります。

1試合に使える回数が2回と決まっているので、序盤で使ってしまうと本当に使いたい時に使えなくなる可能性が出てきます。

 

メジャーリーグのチャレンジ制度と同じなので、判定が覆れば成功となり9イニングで2回の権利は残り続けます。

しかし問題は1度失敗した時です。

試合終盤の勝負どころを考えれば、確実に1回の権利は残しておきたいところです。

 

使いどころのポイントは

残り1回となった時の使いどころは大きなポイントになりそうです。

勝負どころで待つのかリクエストするのか。

もちろん残しておかなければいけない場面や状況もあると思います。

ベンチからでは判定の見え方が映像とは違うので、打球方向や角度によっては判断しづらいゾーンが出てきます。

 

例えば2アウトランナー無しから下位打線が出塁したとします。

2塁に盗塁した時にタイミングが際どかった時はどうするか。

ツーアウトでもランナー2塁となれば、ヒット1本で得点が入る可能性が出てきます。

 

しかし、下位打線という状況です。

リクエストが成功すれば良いですが、失敗だったら権利を1回失ってしまいます。

次のイニングの事を考えて打順を回す方が良いのか、または権利を確実に残しておいた方が良いのか。

首脳陣に的確な判断が求められてきます。

 

リクエスト制度まとめ

2018年のシーズンからメジャーリーグで行っている「チャレンジ制度」が日本のプロ野球でも「リクエスト」として導入されます。

ストライクやボールのほか、ハーフスイング、自打球、ボークなどの判定は対象外となります。

 

1試合で使える回数は2回までとなり、リクエストに成功すれば回数はそのままです。

延長戦になると今までの使用回数に関係なく1回となります。

リプレイ検証にはテレビ局の中継映像を使用するので、テレビで一般視聴者が見る映像と同じになります。

 

際どいタイミングがセーフになるかアウトになるかで、試合の流れは大きく変わる事があり、勝敗を左右します。

ペナントレースを勝ち抜くためはリクエスト制度の使い方は重要になってきそうです。

 



-プロ野球情報

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.