プロ野球情報

2017年ドラフト会議各球団の1位指名選手のまとめ 清宮幸太郎はどの球団? 中村奨成や安田尚憲は?

更新日:

TeroVesalainen / Pixabay

 

2017年10月26日(木)にドラフト会議が行われました。

今年は高校生に注目選手が多く、野手豊作の年と言われています。

高校通算111本のホームランを放った清宮選手や、甲子園でホームラン記録を更新した中村選手など何球団からの指名があり、どの球団に行ったのか気になります。

過去最高指名は野茂英雄選手、小池秀郎選手が8球団から指名されています。

ここでは、全球団の1位指名をまとめてみました。

2017年ドラフト会議各球団1位指名選手

千葉ロッテ

清宮幸太郎(早稲田実業高)

安田尚憲(履正社高)

 

東京ヤクルト

清宮幸太郎(早稲田実業高)

村上宗隆(九州学院高)

 

北海道日本ハム

清宮幸太郎(早稲田実業高)

 

中日ドラゴンズ

中村奨成(広陵高)

鈴木博志(ヤマハ)

 

オリックス

田嶋大樹(JR東日本)

 

読売ジャイアンツ

清宮幸太郎(早稲田実業高)

村上宗隆(九州学院高)

鍬原拓也(中央大)

 

東北楽天

清宮幸太郎(早稲田実業高)

村上宗隆(九州学院高)

近藤弘樹(岡山商大)

 

横浜DeNA

東 克樹(立命館大)

 

西武ライオンズ

田嶋大樹(JR東日本)

齋藤大将(明治大)

 

 

阪神タイガース

清宮幸太郎(早稲田実業高)

安田尚憲(履正社高)

馬場皐輔(仙台大)

 

福岡ソフトバンク

清宮幸太郎(早稲田実業高)

安田尚憲(履正社高)

馬場皐輔(仙台大)

吉住春斗(鶴岡東高校)

 

広島カープ

中村奨成(広陵高)

 

ドラフト会議1巡目の動画はこちらです。

 

ドラフト全球団の指名結果はコチラからどうぞ

➡2017年ドラフト会議全球団の獲得選手一覧 1位は入札、2位以降はウエバー方式など内容の紹介や結果の評判について

 

2017年ドラフト会議各球団1位指名選手まとめ

清宮幸太郎は高校生最多タイの7球団からの指名でした。

抽選で引き当てたのは日本ハムファイターズでした。

中村奨成選手は地元の広島カープになり、社会人№1投手の田嶋投手はオリックスになりました

横浜DeNAは単独指名となり、東 克樹選手(立命館大)の交渉権を獲得しました。

 

1位の2回目の指名では履正社の安田選手が3球団からの指名となり、千葉ロッテが交渉権を獲得しました。

村上宗隆選手も(九州学院高)3球団からの指名となり、抽選で東京ヤクルトが交渉権を獲得しました。

 

2017年のドラフト会議の1位指名では指名が被る事が多かったと思います。

清宮選手が7球団から指名が被ると言う事になり、例年以上に緊張感がありました。

1位指名された選手のプロでの活躍が楽しみです。



-プロ野球情報

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.