バッティング上達

セーフティーバントのコツ バンドヒットを狙うポイントや成功する確率が上がるテクニックを紹介

投稿日:

KeithJJ / Pixabay

足の速い選手がヒットを狙うのに有効な手段なのが「セーフティーバント」です。

ファースト側やサード側を狙ってバントし、内野安打を狙うバントです。

 

ランナーがいる場合、自分もランナーもセーフになるために行ったりもします。

メジャーで活躍するイチロー選手も何度も見せた事があるセーフティーバントですが、送りバントよりも難易度が高く、練習しないとできる技ではありません。

もちろんセーフティーバントにもポイントやコツがあります。

ここではセーフティーバントのポイントやコツを紹介したいと思います。

セーフティーバントについて

セーフティーバントのやり方

足の速い選手に有効なバントで、主にランナーがいない時に行います。

もちろん、送りバントではなく、自分もランナーもセーフになるのを狙いセーフティーバントをするときもあります。

 

セーフティーバントは打つ構えから行います。

実際に打つ動作をしますが、ピッチャーが投げる瞬間バントの構えをします。

気を付けなくてはならないポイントは、走り出す事を優先するあまり、ボールから目を切るのが早くなってしまうです。

そうなるとしっかりとボールを捉える事ができず、空振りやファールになったり、転がしたコースが悪くなったりしてしまいます。

 

セーフティーバントのポイント

右打者も左打者も3塁側を狙ってセーフティーバントをする事が多いと思います。

これは、1塁への投げる距離が1塁線に比べて長くなるので、セーフになる確率が高くなるからです。

転がすポイントはピッチャーとキャッチャーとサードの真ん中かつライン際がベストです。

 

転がった場所が良ければ、セーフティーバントをした瞬間セーフになると分かる程です。

もちろん足の速い選手はサードも意識し前進守備で守っていたりもします。

セーフティーバントをするときはサードのポジションの位置を確認しておくのが重要になります。

 

1塁側にセーフティーバントをする場合は、ピッチャーとセカンドとファーストの真ん中を狙うのが成功率が高く、少しプッシュバンド気味になります。

転がしたコースが良ければ1塁ベースカバーも遅れ、成功率があがります。

しかし、転がしたコースが悪いとあっさりとアウトになってしまいます。

 

セーフティーバントのテクニックや注意点

成功する確率を上げるテクニック

セーフティーバントは際どいタイミングでセーフになるケースが多いです。

それだけギリギリのプレーになるので、わずかな差が重要になるプレーです。

セーフティーバントで3塁線を狙っているのであれば、サードのポジションの位置が重要になります。

なるべく後ろを守っていてくれていた方が成功率は上がります。

 

しかし、足の速い打者と分かっていればセーフティーバントを警戒し少し前側のポジションだったりします。

そういう場合は、最初のストライクはわざと空振りをし、バントをしないように見せる事も必要です。

サードを守る選手が「セーフティーバントはなさそうだから少しポジションを後ろにしようか」とポジションを下げたら絶好のセーフティーバントのチャンスです。

守備の意表をつくことが成功する確率を上げる事になるのです。

 

セーフティーバントの注意点

セーフティーバントは野手の意表をつくことが成功率を上げるポイントになります。

なので、バントがあると気づかれないようにするためにも、打つ構えをしたときにテイクバックもしっかりとする必要があります。

テイクバックをしないと打つ気がないと思われてしまい、セーフティーバントを警戒されてしまいます。

 

また、バントの構えをした時に、走る事に意識がいきボールから目を離すのが早くなってしまいがちです。

ボールから目を早く離してしまうと空振りしたりファールになったり、転がった場所が悪くなってしまったりします。

走る事は重要ですが、まずはしっかりとボールを当て狙ったところに転がす事が重要です。

 

1発勝負になる事が多いので、練習では緊張感を持って行う事が良いと思います。

 

セーフティーバント成功動画

日本ハム 西川選手のセーフティーバント


転がした場所も絶妙ですが、バントをする雰囲気がなく1塁手もスタートが遅れています。

 

プロ選手のセーフティーバント集


プロの選手のセーフティーバント集です。

転がした場所が絶妙で、バントをする雰囲気を出していません。

野手も意表をつかれている事が多く、見事なセーフティーバントです。

 

セーフティーバントのコツまとめ

セーフティーバントでバントヒットを狙う事は、普通に打ってヒットし出塁するのと同じぐらいの価値があります。

記録的にはヒッティングしたヒットもセーフティーバント成功も同じヒットなのです。

技術が必要な技なので、練習しないとなかなか成功することは難しいと思います。

足の速い選手は出塁する可能性を上げるためにもセーフティーバントでのバントヒットを狙うのも良いと思います。

 

セーフティーバント成功は、普通にヒットを打たれるよりも守備に与える精神的ダメージが大きいと思います。

ランナーがいる時に決められた場合など尚更です。

打つことが全てではなく、野球にはセーフティーバントでヒットを狙う方法もあるのです。

セーフティーバントのヒットも立派なヒットなのです。

 



-バッティング上達

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.