野球情報・知識

U-18W杯で清宮に報復死球!デッドボールの理由についてアンリトンルールを知らない日本代表は恥ずかしい

投稿日:

清宮 報復 死球 に対する画像結果

U-18ワールドカップの3位決定戦で清宮はデッドボールを受けました。

3位決定戦のカナダ戦の結果は8-1と日本が大量リードで勝利しています。

デッドボールを受けたのは9回表の最終回で、清宮は高校最後の打席でした。

このデッドボールは報復死球という噂がありますが、なぜ報復されたのでしょうか。

ここではこのデッドボールについて解説したいと思います。

清宮の報復死球について

清宮高校最後の打席

3位決定戦のカナダ戦、9回表先頭打者の清宮は右肩にデッドボールを受けています。

本人は「報復されたんじゃないか」と言っていますが、これは報復死球です。

清宮は左打者で相手ピッチャーは右投手でした。

デッドボールになる場合変化球のすっぽ抜けなどありますが、右投げ投手がすっぽ抜けて左打者にデッドボールすることはほとんどありません。

しかも投げているのはストレートです。

ストレートのすっぽ抜けなんてほとんどありません。

プロと比べると技術が足りないU-18だとしても考えにくいデッドボールです。

 

清宮デッドボール後盗塁

デッドボールで出塁した清宮は2塁へ盗塁を成功させています。

この盗塁でグラウンドに重々しい空気が流れました。

審判からも何か言われている光景があります。


ピッチャーはクイックで投げておらず、バッテリーは無警戒です。

もちろん清宮選手は足が速くないので、あまり警戒される事はありませんが、キャッチャーが2塁に送球せずあっさりと盗塁を成功させています。

これは意表をついた清宮選手の盗塁ではなく、アンリトンルールを破ってしまったのです。

清宮選手の盗塁は成功したものの、盗塁としての記録はされずカナダの2塁手からも暴言を吐かれています。

 

清宮デッドボールの理由

清宮がデッドボールを受けた理由は、8回ツーアウト2塁で、自身の打席の時に2塁走者の伊藤選手が3塁へと盗塁をしました。

結果は失敗でしたが、この盗塁がアンリトンルールを破ってしまったのです。

メジャーなどでは大量リード時は盗塁してはいけないとされています。

盗塁の結果は失敗でしが、盗塁した事が暗黙のルールを破り清宮選手は報復を受けたのです。

 

アンリトンルールについて

ルールブックに載っていない暗黙のルール

実はアンリトルルールはいくつもあります。

  • デッドボールで謝ってはいけない
  • 大量リードしているときに3ボール0ストライクから打ってはいけない
  • 完全試合継続中にセーフティーバンドをしてはいけない
  • 報復のデッドボールをするときに頭を狙ってはいけない
  • 連続ホームランが発生した次の打者は初球を打ったはいけない
  • 味方投手がノーヒットピッチングをしている時は話しかけてはいけない

2001年にメッツ時代の新庄剛志選手は大差でリードしている時3-0からスイングしました。

その翌日新庄選手は報復のデッドボールを受けています。

報復の理由は大量リード時の3-0から打ちに行ってしまったためです。

 

アンリトンルールの詳細はコチラをどうぞ

メジャーリーグ暗黙のアンリトンルールを知らない日本人選手は危ない?!ルールブックに載っていない暗黙ルール紹介

 

暗黙ルールがある理由

アンリトンルールがある理由は「紳士的」でないという事です。

アンリトンルールの内容をみると顔を潰される事を極端に嫌うメジャーリーガーの気質が分かります

国外で試合をする場合は外国人選手の気質が作った暗黙のルールを守らなくてはいけません。

暗黙のルールあっての野球という事になります。

このアンリトンルールを受け入れ、守る事ができないとメジャーでプレイする事はおろか海外チームとの試合はできません。

 

カナダ戦での清宮報復死球のまとめ

小枝監督は「暗黙のルールだと知らないでやってしまった」と球審に謝罪しましたが、「18歳以下は大丈夫」と声を掛けられたと言います。

しかし清宮選手へのデッドボールはピッチャーのすっぽ抜けではなく、明らかに狙われてのデッドボールです。

その後盗塁をし、暴言を吐かれていますが、暗黙ルールを破ってしまったので当然の事です。

せっかく大差で勝利したのに、日本の野球選手は紳士的ではないと海外チームは思ってしまったと思います。

将来メジャーも視野に入れている清宮選手であれば、アンリトンルールをしっかりと勉強しておいて欲しい所です。

また、ワールドカップ日本代表として海外試合をするならばチームとしても暗黙ルールがある事を説明し、守らなくてはいけないルールです。

今後は日本の紳士的な野球で海外試合をして欲しいと思います。



-野球情報・知識

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.