高校野球・甲子園

2017年夏の甲子園出場を果たした注目投手ドラフトにも期待

更新日:

2016年の夏の甲子園では、地方大会から注目されていた『藤平尚真投手』『寺島成輝投手』『高橋昂也投手』の3人の投手がいました。

高校BIG3として注目として甲子園で観客を沸かせていました。

これに優勝した作新学院の『今井達也投手』が加わり、『BIG4』と呼ばれるようになりました。

甲子園を楽しく観戦するためにやはり好投手の存在は欠かせません。

今回は2017年夏の甲子園注目投手を紹介したいと思います。

➡2017年夏の高校野球 プロ注目の強打者ドラフト候補の選手たちはコチラ

2017年夏の甲子園BIG3投手

木更津総合の山下 輝投手

左投げ左打ち、身長187㎝、体重83㎏。

最速149キロのキレのあるストレートを投げる左腕です。

野球を始めたのは小学3年生の時。

中学生の頃はクラブチームに入らず、軟式野球部に所属していました。

中学では千葉県選抜に選ばれて全国大会にも出場しています。

木更津総合では1年生の夏から1塁手としてレギュラーを獲得。

2年生の時には春・夏ともに同じく一塁手として甲子園に出場。

新チームになった秋からピッチャーとしてエースの座を獲得しました。

ピッチャー歴はまだ浅いですが、マックス149キロのストレートは魅力的です。

バッティングにも期待できる選手です。

木更津総合 山下 輝投手の動画

花咲徳栄の清水 達也投手

右投げ右打ち、身長180㎝、体重80㎏。

伸びと球威のあるマックス149キロのストレートが武器。

得意な変化球はフォークボールでストレートと組み合わせながら三振を奪っている。

既にプロ野球の球団も視察に来ていて、ドラフト上位候補として注目を集めている。

甲子園では自己最速である150キロ台のストレートも狙ってます。

花咲徳栄 清水 達也投手の動画

 

秀岳館の川端 健斗投手

左投げ左打ち、身長174㎝、体重65㎏。

しなやかなフォームから投げるストレートはマックス148キロ。

変化球のキレもよく、ストレートでも変化球でも三振が取れるピッチャーです。

2017年春の甲子園で既に注目されている投手で、本人もプロ入りを意識しています。

入学当初は体重57㎏で球速も110キロ程でしたが、努力の甲斐あって1年生の時からベンチ入りを果たします。

急成長している川端投手が甲子園でどんなピッチングをしてくれるか楽しみです。

 

秀岳館 川端 健斗投手の奪三振動画

 

2017年夏の甲子園にはまだまだ好投手がいる

木更津総合の山下投手、花咲徳栄の清水投手、秀岳館の川端投手がBIG3として注目されていますが、まだまだ好投手がいます。

このBIG3に割って入ってくるのが前橋育英の皆川喬涼投手とされています。

右投げ右打ちで、身長180㎝、体重82㎏、140キロ台中盤のストレートを投げてきます。

また、二松学舎大付の市川睦投手も急成長し、伸びのあるストレートに多彩な変化球を投げます。

1年生の頃から外野手としてスタメン入りを果たしていて、バッティングにも期待ができます。

東海大菅生の松本健吾投手は早稲田実業の清宮選手を抑えて甲子園出場を果たしました。

故障に苦しみエース座を掴めませんでしたが、ストレートに変化球とピッチングの安定感は抜群です。

大阪桐蔭には徳山壮磨投手に柿木蓮投手、根尾昂選手と140キロを超えるストレートを投げる投手が揃っています。

➡【高校野球】2017夏の甲子園日程 出場校一覧と優勝候補予想はコチラ

 

2017年夏の甲子園出場を果たした注目投手のまとめ

2017年夏の甲子園は2016年の夏の甲子園よりも注目投手が多く揃っています。

ほとんどの投手が140キロを超えるストレートを投げ、得意な変化球も持っています。

今季のドラフトでは多くの投手が注目を集め、上位で指名されてくると思います。

甲子園という舞台でどのようなピッチングを見せてくれるか楽しみです。

➡伸びのあるストレートを投げるために必要な投球フォーム3つのポイントはコチラ

 

↓甲子園と言ったらこちらも注目↓

甲子園球場グラウンドの守護神『阪神園芸』が誇る整備力は神業 水浸しの球場も復活される匠の技

甲子園の土を持ち帰る風習と理由 持ち帰った土はどうしているのか

高校野球で夏の甲子園に出れる確率 都道府県大会参加出場校数、県大会を優勝しやすい場所しにくい場所は

甲子園の浜風はどっちから吹く 攻撃や守備に与える影響や特徴について調べてみた



-高校野球・甲子園

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.