野球初心者の方

野球初心者でも出来る!正しい知識を身に付け正しいフォームで打つ方法

更新日:

今まで『常識』と思って指導されていた事も時代の流れと共に『常識』ではなくなってきています。

一度間違ったバッティングフォームを身に付けてしまうと直すのに大変です。

バットでボールを打つというのは紙一重なタイミングでとても繊細な事なのです。

間違った知識でフォームを身に付けないようにしましょう。

KeithJJ / Pixabay

正しい知識

『バットは上から叩く』は間違い

当たり前のように言われてきた『上から叩く』という事。

実はこれ、正しくありません。

ピッチャーの投げる球は上方向から下方向に向かって打者に近づいてきます。

上から下にくるものに対し、バットを上から下に振ったら当たる確率は悪くなります。

スイングはアッパースイングもしくはレベルでボールを打つことを心がけましょう。

正しい知識を身に付けないといくら練習をしても無駄な練習となってしまいます。

逆に正しい知識を身に付け練習する事により、効率の良い練習ができます。

 

正しいバッティングフォーム

かまえ方

背筋を伸ばす事よりも腰を意識する。

腰を入れてお尻を突き出すイメージで構える。

また、背筋を伸ばしすぎると腕をうまく使えなくなってしまいます。

胸を張りすぎるとバットが出てこなくなってしまいます

 

腕の使い方

脇が開いたままスイングしても力が入りません。

構えている時は開いていても問題ありませんが、打ちに行くときは脇を締めるようにしましょう。

開いている脇を打つ時に締めることによってスイングは加速します。

 

腰の使い方

力強く回転するために、右バッターであれば右足付け根の股関節の部分に体重を乗せます

打ちに行くときは『後ろの腰』から押されて回転する意識を持って腰を回します。

この打ち方を覚えると飛距離が伸びます。

 

体重移動

一般的に早いスイングをするにはどうすれば良いのか。

まずは打ちに行くとき状態が突っ込まないようにします。

踏み込む時は体重を後ろ足に乗せたまま踏み込みます。

踏み込んだ時の体重のバランスは後ろ脚6踏み込んだ足4ぐらいのイメージです。

ここに打てる人と打てない人の『差』が出てきます。

『正しい知識』『正しいフォーム』のまとめ

まだまだ間違った野球知識のまま指導している指導者は多いと思います。

間違ったフォームを覚えて練習してしまうと、直すのに時間がかかります。

上手くなりたくて一生懸命練習しているのに、間違った事を一生懸命やっているなんてこんなに残念な事はありません。

正しい知識を身に付ける事は、野球が上手になる事の第一歩なのです。

➡野球初心者でも出来る!正しい知識を身に付け正しいフォームで投げる方法

➡打順の決め方 役割、特徴、戦術を初心者でも分かるように簡単に説明



-野球初心者の方

Copyright© 野球上達のサポート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.